コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカショウビン アカショウビンHalcyon coromanda; ruddy kingfisher

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカショウビン
Halcyon coromanda; ruddy kingfisher

ブッポウソウ目カワセミ科。全長約 25cm。全身が鮮やかな赤色だが,頭部と頬から胸,腹はオレンジ色,背とは褐色みを帯びる。翼を広げないと見えないが,腰は青い。脚と,太くて長いは赤い。日本と朝鮮半島ヒマラヤからインドシナ半島マレー半島インドネシアスラウェシ島にかけて繁殖する。日本や朝鮮半島,バングラデシュからミャンマーでは夏鳥(→渡り鳥)で,南部の繁殖地やフィリピンに渡って越冬する。そのほかの地域では留鳥。日本では全国の山地の常緑広葉樹林落葉樹林にすむが,琉球諸島南部に多い。サワガニやカエル,小魚など水中にいる動物ばかりでなく,水域から離れた森にいる昆虫やカタツムリ,トカゲなど地上の小動物なども食べる。朽ち木に穴をあけたり,土の崖に穴を掘るなどして巣をつくる。雨天,曇天の薄暗いときに「きょろろろろ,きょろろろろ」とよく鳴く。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アカショウビン

カワセミ科の鳥。翼長12.5cm。日本,朝鮮半島,東南アジア等に分布。日本では全国に夏鳥として渡来し,低山の川沿いの森林で繁殖する。巣は枯木の穴などに作られる。
→関連項目カワセミ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカショウビン
あかしょうびん / 赤翡翠
ruddy kingfisher
[学]Halcyon coromanda

鳥綱ブッポウソウ目カワセミ科の鳥。ミヤマショウビンともよばれる。中国東北地区、朝鮮半島、ネパールからインドシナ半島、フィリピン、スンダ列島などアジア南部で繁殖し、日本には夏鳥として全国的に渡来するが南西部に多い。全長約27.5センチメートル、翼長約12センチメートル。体は赤く頭や背には紫色光沢があり、腰には瑠璃(るり)色の羽毛がある。体の下面は黄色みを帯びる。嘴(くちばし)は太くて先がとがり赤い。低地から低山のよく茂った林にすみ、サワガニ、カエル、ムカデ、カタツムリなどをとる。腐った木や赤土の壁に嘴で穴を掘り産卵する。キョロロロと鳴く。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アカショウビンの関連キーワード日本のラムサール条約登録湿地直峰松之山大池県立自然公園川蝉・川蟬・翡翠・魚狗ミヤコショウビンショウビン深山翡翠高野伸二浜下り水恋鳥翡翠

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アカショウビンの関連情報