コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカショウビン アカショウビン Halcyon coromanda; ruddy kingfisher

3件 の用語解説(アカショウビンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカショウビン
アカショウビン
Halcyon coromanda; ruddy kingfisher

ブッポウソウ目カワセミ科。全長 28cm。全身が褐色がかった赤色で,腰には紫青色の羽毛が少しある。太くて長い嘴も赤く,全体としてきわめて鮮かな色の鳥である。中国東部,フィリピンインドシナネパール,日本などで繁殖分布し,北で繁殖するものは冬季に南へ渡る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アカショウビン

カワセミ科の鳥。翼長12.5cm。日本,朝鮮半島東南アジア等に分布。日本では全国に夏鳥として渡来し,低山の川沿いの森林で繁殖する。巣は枯木の穴などに作られる。
→関連項目カワセミ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカショウビン
あかしょうびん / 赤翡翠
ruddy kingfisher
[学]Halcyon coromanda

鳥綱ブッポウソウ目カワセミ科の鳥。ミヤマショウビンともよばれる。中国東北地区、朝鮮半島、ネパールからインドシナ半島、フィリピン、スンダ列島などアジア南部で繁殖し、日本には夏鳥として全国的に渡来するが南西部に多い。全長約27.5センチメートル、翼長約12センチメートル。体は赤く頭や背には紫色光沢があり、腰には瑠璃(るり)色の羽毛がある。体の下面は黄色みを帯びる。嘴(くちばし)は太くて先がとがり赤い。低地から低山のよく茂った林にすみ、サワガニ、カエル、ムカデ、カタツムリなどをとる。腐った木や赤土の壁に嘴で穴を掘り産卵する。キョロロロと鳴く。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アカショウビンの関連キーワード翡翠仏法僧鳳来寺山のブッポウソウオオブッポウソウ(大仏法僧)カワセミ(翡翠)ブッポウソウ(仏法僧)ヤマセミ(山翡翠)ワライカワセミ(笑翡翠)ブッポウソウ科ブッポウソウ目

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アカショウビンの関連情報