アカショウビン(英語表記)Halcyon coromanda; ruddy kingfisher

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカショウビン
Halcyon coromanda; ruddy kingfisher

ブッポウソウ目カワセミ科。全長約 25cm。全身が鮮やかな赤色だが,頭部と頬から胸,腹はオレンジ色,背とは褐色みを帯びる。翼を広げないと見えないが,腰は青い。脚と,太くて長いは赤い。日本と朝鮮半島ヒマラヤからインドシナ半島マレー半島インドネシアスラウェシ島にかけて繁殖する。日本や朝鮮半島,バングラデシュからミャンマーでは夏鳥(→渡り鳥)で,南部の繁殖地やフィリピンに渡って越冬する。そのほかの地域では留鳥。日本では全国の山地の常緑広葉樹林落葉樹林にすむが,琉球諸島南部に多い。サワガニやカエル,小魚など水中にいる動物ばかりでなく,水域から離れた森にいる昆虫やカタツムリ,トカゲなど地上の小動物なども食べる。朽ち木に穴をあけたり,土の崖に穴を掘るなどして巣をつくる。雨天,曇天の薄暗いときに「きょろろろろ,きょろろろろ」とよく鳴く。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アカショウビン

カワセミ科の鳥。翼長12.5cm。日本,朝鮮半島,東南アジア等に分布。日本では全国に夏鳥として渡来し,低山の川沿いの森林で繁殖する。巣は枯木の穴などに作られる。カエル,魚,ヘビなどを食べ,キョロロロロと大声で鳴く。
→関連項目カワセミ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカショウビン
あかしょうびん / 赤翡翠
ruddy kingfisher
[学]Halcyon coromanda

鳥綱ブッポウソウ目カワセミ科の鳥。ミヤマショウビンともよばれる。中国東北地区、朝鮮半島、ネパールからインドシナ半島、フィリピン、スンダ列島などアジア南部で繁殖し、日本には夏鳥として全国的に渡来するが南西部に多い。全長約27.5センチメートル、翼長約12センチメートル。体は赤く頭や背には紫色光沢があり、腰には瑠璃(るり)色の羽毛がある。体の下面は黄色みを帯びる。嘴(くちばし)は太くて先がとがり赤い。低地から低山のよく茂った林にすみ、サワガニ、カエル、ムカデ、カタツムリなどをとる。腐った木や赤土の壁に嘴で穴を掘り産卵する。キョロロロと鳴く。[高野伸二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アカショウビンの関連情報