コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アデリーペンギン Pygoscelis adeliae; Adelie penguin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アデリーペンギン
Pygoscelis adeliae; Adelie penguin

ペンギン目ペンギン科。背丈が 46~75cm。頭部と背面は黒い。前頸から腹部は白く,眼のまわりも環状に白い。暗赤色だが,基部は黒い羽毛に覆われている。南極大陸の沿岸や南極海島嶼繁殖する。繁殖期以外は開氷海域で生活し,10~11月に繁殖地へ戻り,大集団になって繁殖する。小石を積み上げ,その中央のくぼみに産卵する。雌雄交代で約 35日間抱卵するが,その間はなにも食べない。繁殖時には厳しい天候下で多くのが死ぬこともある。雛を育て,3月になると再び開氷海域へ去る。ロス海地域で繁殖する鳥の記録では,平均すると 1万3000kmも遠方へ移動する。オキアミ類を食べることが多いが,魚類やイカなども捕食する。非繁殖期の生活については不明な点も多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アデリー‐ペンギン(Adelie penguin)

ペンギン科の鳥。中形で全長76センチくらい。夏、小石を集めて巣を作り、2個の卵を産む。南極圏分布

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

アデリーペンギン【Adélie penguin】

〔「アデリー」は南極大陸の地名〕
ペンギン目の中型の鳥。南極圏に広く分布。全長約75センチメートル、体重約6キログラム、頭と背は黒く胸腹部と目の周りが白い。夏に営巣して卵を産む。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

知恵蔵miniの解説

アデリーペンギン

ペンギン科・アデリーペンギン属のペンギン。体長60~70センチ・体重4~5キロほどの中型ペンギンで、体色は白と黒、頭に短い冠羽があり、尾羽が長い。ナンキョクオキアミを主食としているが、小魚・タコ・イカなども食べる。夏に繁殖活動を行い、ヒナはふ化後50~60日で巣立ちし、4~5年で繁殖年齢に達する。南極のペンギンとしてはコウテイペンギンと共に有名で、テレビCMや様々なキャラクターのモデルとしても使われている。

(2016-2-16)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アデリーペンギン
あでりーぺんぎん
Adelie penguin
[学]Pygoscelis adeliae

鳥綱ペンギン目ペンギン科の海鳥。全長約76センチメートルと小形で、目の周りに白い環がある。南極大陸や周辺の島で繁殖、海岸からかなり奥まで入る。オキアミなど海の表層の小動物を食べる。[長谷川博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアデリーペンギンの言及

【ペンギン】より

…アデリーやヒゲペンギンでは,巣は地面のくぼみに小石を敷くだけだが,イワトビやジェンツーペンギンは草なども敷き,コビト,キンメ,ケープペンギンのように温帯地方で繁殖する種は岩陰,草地,倒木や根の下,地中の穴などに営巣する。アデリーペンギンのように大集団で繁殖する種は,とくに集団繁殖地の中でも営巣場所が決まっていて,雄は毎年まったく同じ場所に戻ってテリトリーをかまえ,ふつうは前年の雌とつがいとなる。 繁殖期は,寒冷な環境で繁殖する種では一般に夏である。…

※「アデリーペンギン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アデリーペンギンの関連キーワードピーターマン島ビスコー諸島バレニー諸島ポーレット島ペンギン島南極海峡極地動物地名

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アデリーペンギンの関連情報