アミノピリン(英語表記)aminopyrine

百科事典マイペディアの解説

アミノピリン

ピリン系解熱・鎮痛。白色結晶性粉末。劇薬。一般の熱の出る病気,風邪などの解熱,頭痛,歯痛,リウマチなどの鎮痛に用いた。経口剤は発癌性があるとされ,注射剤としてのみ使用された。特異体質にはピリン疹を発することがあり,連用すると無顆粒(むかりゅう)細胞症となる副作用がある。1977年以後使われなくなっている。(図)
→関連項目薬疹

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アミノピリン【aminopyrine】

化学構造の上から同じ系統に属するアンチピリンとともに比較的つよい解熱鎮痛作用をもつ薬剤ピラゾロン誘導体,いわゆる〈ピリン系〉の薬剤で,19世紀の終りころからわりあいに近ごろまで広く使用されてきたが,副作用として致命的な無顆粒球症を誘発することが注目されるようになり,その使用は急速に低下した。これに加えて,食品中などにわずかに存在する亜硝酸塩との反応によって発癌性物質が生成する危険性があるのではないかという問題が生じ,これに対する行政的配慮から1977年以来使われなくなっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アミノピリン【aminopyrine】

解熱・鎮痛薬。白色の粉末で、アンチピリンより作用が強い。亜硝酸ナトリウムなどの食品添加物と反応して、発癌性物質を生成するため、経口用には使われない。アミノフェナゾン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アミノピリン
あみのぴりん
aminopyrine

アンチピリンの誘導体で、わずかに苦味を有する白色結晶性粉末。1884年ドイツで創製され、バイエル社で発売した解熱・鎮痛剤。アンチピリンより作用が強く、アスピリンフェナセチンより鎮痛効果が大であったため繁用されていたが、副作用として顆粒(かりゅう)球減少症をおこすこと、さらに、経口投与されると胃内で食物由来の亜硝酸塩と反応してジメチルニトロソアミンが生成、これが発癌(はつがん)性を有することから使用が制限され、一般用の薬には使われなくなった。注射薬または坐薬(ざやく)として用いられる。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

アミノ‐ピリン

〘名〙 (aminopyrine) 鎮痛解熱剤の一つ。無臭の無色または白色の結晶、あるいは白色の結晶性粉末。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のアミノピリンの言及

【アンチピリン】より

アミノピリンよりはいくらか弱いながらも比較的に強い解熱鎮痛作用をもち,19世紀の終りころからわりあいに近ごろまで広く使用されてきた薬物。アミノピリンと同じく,ピラゾロン誘導体,いわゆる〈ピリン系〉薬剤で,現在ではその使用は急速に低下しアスピリンのほうに比重が移っている。…

※「アミノピリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android