コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アムステルダム国立美術館 アムステルダムこくりつびじゅつかんRijksmuseum

5件 の用語解説(アムステルダム国立美術館の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アムステルダム国立美術館
アムステルダムこくりつびじゅつかん
Rijksmuseum

オランダ,アムステルダムにある美術館。17世紀を中心とするオランダ絵画の収蔵で知られる。オランニェ公家ウィレム5世コレクションを基礎とするが,1795年フランス軍の侵入後,その一部はルーブル美術館に吸収され,残りの一部が 1800年ハーグ郊外の夏宮殿ハイス・デン・ボスに設立された国立美術館に収蔵された。1806年オランダ王国の王となったルイ・ボナパルトは,アムステルダムを首都とし,王宮の一部に王立美術館を設立,ハーグの国立美術館収蔵品 225点を移した。その後アムステルダム市から最も有名なレンブラント・ファン・レインの『夜警』とバルトロメウス・ファン・デル・ヘルストの『平和条約締結を祝うアムステルダム自警市民』を含む 6点の絵画の寄贈を受けるなど,作品数は急激に増大。1813年フランスの支配が終わりネーデルラント王国が成立するとともに,美術館はウィレム1世に受け継がれて,1815年には現名称となった。同時にルーブル美術館から作品が返却されるなどして展示場が狭くなり,一貴族の邸宅を改造したトリッペンヒュイスに移されていたが,1885年ペトルス・J.H.カイペルス設計によるゴシックおよびルネサンス折衷様式の今日の美術館が開館した。絵画,版画,彫刻・工芸,アジア美術,オランダ史の 5部門に分かれる。代表的収蔵品は,『夜警』をはじめとする多くのレンブラントの作品,ヤン・フェルメールの『ミルクを注ぐ召使』『手紙』,フランス・ハルスの『新婚夫妻』など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アムステルダム‐こくりつびじゅつかん〔‐コクリツビジユツクワン〕【アムステルダム国立美術館】

Rijksmuseum Amsterdam》オランダのアムステルダムにある美術館。1885年開館。オレンジ公ウィリアムの収集品を中心に、レンブラントフェルメールなどのオランダ絵画や彫刻、工芸品を多数所蔵する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

アムステルダム国立美術館【アムステルダムこくりつびじゅつかん】

アムステルダムにある国立美術館。1808年設立され,1815年国立となる。レンブラント,フランス・ハルスフェルメールら17世紀オランダ絵画のコレクションで有名。
→関連項目アムステルダム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アムステルダムこくりつびじゅつかん【アムステルダム国立美術館 Rijksmuseum,Amsterdam】

収集の質,量ともにオランダを代表する総合美術館。その起源は1808年に当時のオランダ国王ルイ・ナポレオン(皇帝の弟)が王宮(旧市庁舎)の内部に設けた王立美術館にさかのぼる。発足当時の収集はわずか300点ほどであったが,その中にはレンブラントの《夜警》《布地組合の見本調査官》などの重要な公共作品も含まれていた。その後収集の拡充に伴って,17年にトリッペンハイス(現,学士院)に移され(この際に改称),さらに85年,現在のネオ・ルネサンス様式の建築(カイペルス設計)の完成とともに一般に公開された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アムステルダム国立美術館
あむすてるだむこくりつびじゅつかん
Rijksmuseum Amsterdam

オランダの首都アムステルダムにある、ヨーロッパ屈指の大美術館。レンブラントをはじめとするオランダ絵画の収集に関しては、世界最大の規模と内容をもつ。オレンジ公ウィリアムの収集を中核とし、多くの公的、個人的収集を加えて今日に至っている。一時、市内の貴族の邸宅を改築して美術館としていたが、1885年、現在の赤れんが造りの広大な建物が完成し、正式に開館した。建物の設計はカイペルス。絵画は、15世紀の初期オランダ絵画に始まり、フランス・ハルス、レンブラント、ロイスダールホッベマフェルメールらの巨匠の作品を系統的に展示する一方、群小作家も丹念に集めている。とくにレンブラントは『夜警』『ユダヤの花嫁』など多くの秀作がある。フェルメールは『ミルクを注ぐ女中』『手紙』など。ほかに、オランダの家具、銀器、デルフト陶器を含むヨーロッパ工芸の膨大な収集があり、加えて、東方との交易を物語る日本、中国、インド東南アジア関係の遺物も豊富に展示されている。[友部 直]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アムステルダム国立美術館の関連情報