アルタミラ

百科事典マイペディア「アルタミラ」の解説

アルタミラ

スペイン北部のカンタブリア山脈北斜面にある洞窟。1879年,洞窟絵画が発見され,1902年の調査で後期旧石器時代のものと確認された。赤黒の色彩を使って,野牛,イノシシ,馬,シカなどの躍動する姿が壁に描かれ,点描法や濃淡による陰影法などの手法も使われている。1985年と2008年世界文化遺産に登録。
→関連項目サンタンデル洞窟美術ブルイユラスコー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「アルタミラ」の解説

アルタミラ【Altamira】

スペイン北部,サンタンデル県にある長さ270mの洞窟で,後期旧石器時代の壁画がある(洞窟美術)。壁画は,貝殻や動物の焚火とともに,1879年に発見された。発見者のサウトゥオラMarcelino de Sautuolaは旧石器時代のものと主張したが,学界承認を得るにいたらず,1902年,フランスの考古学者カルタイヤックÉmile Cartailhacとブルイユの調査によって,サウトゥオラ説が確認された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android