アンチゴーヌ(英語表記)Antigone

翻訳|Antigone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンチゴーヌ
Antigone

フランスの劇作家,J.アヌイ作の悲劇。1幕。 1942年作。 44年2月パリのアトリエ座で初演。ギリシア神話に題材を取った,ソフォクレスの『アンチゴネ』 (前 442頃) を底本にしている。法と秩序を守り政治の責任を貫こうとする冷静な支配者クレオンと,人間の掟を超越して自己の信念と肉親の情を守ろうとするアンチゴーヌとの2つの相異なる性格の相克は,そのまま国家と個人,壮年と若さ,現実と理念の対決でもある。第2次世界大戦中の抵抗運動のなかから生れた作品で,彼の「黒の戯曲」 pièce noireの一つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アンチゴーヌ(Antigone)

フランス南部、ラングドック‐ルシヨン地方、エロー県の都市モンペリエの新市街。1980年代の都市再開発により、旧市街に隣接してつくられた。カタルーニャ出身の建築家リカルド=ボフィルが全設計を担当。すべての通りや広場の名称がギリシャ神話ローマ神話にちなみ、いたるところに古代彫刻のレプリカが置かれている。アンチゴンアンティゴーヌ
[補説]作品名別項。→アンチゴーヌ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンチゴーヌ
あんちごーぬ
Antigone

フランスの劇作家ジャン・アヌイの悲劇。1942年刊。1944年、占領下のパリで初演。ギリシアのソフォクレスの悲劇『アンティゴネ』に取材。オイディプスの2人の息子はテーベの王座を争って死ぬ。即位した叔父クレオンはその1人の死体を晒者(さらしもの)にして秩序の掟(おきて)を示すが、兄弟の妹アンチゴーヌはクレオンの息子と愛し合いながらも自分の愛と自由のために国法に反抗し、死体を埋葬しようとする。クレオンは現世の幸福を守るため心ならずも彼女を処刑する。現実との妥協を拒み、純粋な自我を貫く女主人公の姿に不条理の深淵(しんえん)をのぞかせ、アヌイの最高傑作の一つとされる。[岩瀬 孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android