コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンリ[4世] アンリ

2件 の用語解説(アンリ[4世]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アンリ[4世]【アンリ】

フランス国王(在位1589年―1610年)。ブルボン朝の始祖。プロテスタントとして育てられユグノーの首領として活躍した。1572年,シャルル9世の妹マルグリットと結婚。
→関連項目シュリードービニェマルグリット・ド・ナバールマレルブルイ[13世]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アンリ[4世]【Henri IV】

1553‐1610
フランスブルボン朝初代の国王。在位1589‐1610年。父はブルボン家アントアーヌ,母はナバール女王ジャンヌ・ダルブレ。宗教戦争が続くさなか,母の訓育を受け新教徒として成長した。1572年,摂政カトリーヌ・ド・メディシス宥和政策により,国王シャルル9世の妹マルグリットと結婚したが,この結婚式は,サン・バルテルミの虐殺事件の誘因ともなった。その後,新教軍の総帥としてギーズ家を中心とする旧教同盟と対決していたが,89年,国王アンリ3世が暗殺されると,王位継承法の定めに従いアンリ4世として新王の宣言を発した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のアンリ[4世]の言及

【王国基本法】より

…(6)国王はカトリック教徒であらねばならない。この原則は1594年のアンリ4世の聖別式によって確認された。(7)王領地は譲渡不可である。…

【政教分離】より

…それゆえ,平和と安全は政治が相争う宗派的諸立場を超越することによってしか回復されない,と考えられたのである。ナバールのアンリ4世はカトリックに改宗し,サリカ法典にもとづく王位請求権を行使したが,彼の行動の嚮導原理は支配の安定と国土の平和という政治的考慮であったから,まさに〈政治の勝利〉を意味していた。彼が国内平定後,ただちにナントの王令(1598)を発し,ユグノーに対して市民的諸権利の享受を保障したのは,その証左である。…

【ナントの王令】より

…1598年4月13日,フランス国王アンリ4世がナントで発布した王令。〈ナントの勅令〉とも。…

【パリ】より

…そして72年にはついにパリでサン・バルテルミの虐殺が発生した。バロア王朝断絶の後,新教派のアンリ4世が新王の宣言をすると,これにとりわけ反発したのがパリの旧教同盟で,市内16街区の代表が〈16人会〉を組織して,抗戦の体制をつくった。しかしアンリ4世は戦況を有利に展開しつつ,自らはカトリックに改宗して,ブルボン王権による国家統治の実現を目ざした。…

【ブルボン家】より

…その子アントアーヌ・ド・ブルボンは,ナバール女王ジャンヌ・ダルブレと結婚し,ナバール国王となった。この2人の子アンリは宗教戦争の渦中に成長したが,バロア王家の断絶に伴い,ブルボン家がカペー朝の傍系であるところから王位の正統相続者の資格を得,1589年アンリ4世として即位し,ここにブルボン家はフランスの王家となった。なお,宗教戦争期に大きな役割を果たしたコンデ家も,アントアーヌの弟ルイに始まっている。…

【ブルボン朝】より

…(1)フランス革命前の絶対王政期(1589‐1792)と,(2)革命後の復古王政期(1814‐30)に分かれる。(1)1589年アンリ3世が暗殺されバロア朝が断絶すると,筆頭親王家であるブルボン家の当主アンリがアンリ4世として即位,ブルボン朝が開かれた。アンリ4世はナントの王令によって宗教戦争に終止符を打ち,王国の統一を回復,王朝の基礎を築いた。…

※「アンリ[4世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アンリ[4世]の関連キーワードガボンマザランミシュレミルボーアンリブルボン朝ルボンブルボン王朝ブルボネ・ポインターペキネ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone