インパルス

精選版 日本国語大辞典「インパルス」の解説

インパルス

〘名〙 (impulse)
衝撃電流や衝撃電圧をいう俗称。
② 物理学で、力をそれが作用した時間について積分した値。力積
③ 生理学で、神経線維(軸索)を伝わる電気的興奮。神経衝撃。
④ 突然ある行動に駆り立てる力。衝動。刺激。
※笑(1922)〈寺田寅彦〉「此んな事でも、〈略〉倒れかかって居る気分に軽い衝撃(インパルス)を与へるやうな効果はあるらしい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「インパルス」の解説

インパルス

(1)変化が急激な単一波形のパルス。インパルスはステップの微分波形ともとらえられ,きわめて重要な概念である。インパルス応答ラプラス変換を求めることにより,その系の伝達関数を求めることができる。(2)脳の神経回路網をつくるニューロンにおいて,相互に伝達される感覚の信号や運動の命令をインパルス(衝撃)とよぶ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラス「インパルス」の解説

インパルス

《impulse!》アメリカのジャズ・レーベル。クリード・テイラーらが1960年代初頭にサンタモニカで設立。レーベルの代表的アーティストはジョン・コルトレーン。他にもフリー・ジャズの名盤を数多く発表している。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「インパルス」の解説

インパルス
いんぱるす
impulse

神経線維を伝わる活動電位のことをいう。神経線維は、情報信号を活動電位の形で伝えるが、その経過は数ミリ秒であり、また伝導速度も速いことから、これを一つの衝撃波とみて、インパルスとよんでいる。

[真島英信]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android