コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィッテン ウィッテン Witten

4件 の用語解説(ウィッテンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィッテン
ウィッテン
Witten

ドイツ西部,ノルトラインウェストファーレン州の都市。ルール川の北岸,ドルトムントボーフムの中間に位置する。 1825年に市制施行。第2次世界大戦では大きな被害を出したが,製鋼,コールタール,化学,ガラス,機械などの工業とともに復興した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ウィッテン
ウィッテン
Witten, Edward

[生]1951.8.26. メリーランドボルティモア
アメリカ合衆国数理物理学者。1971年にブランダイス大学を卒業後,1976年にプリンストン大学で博士号を取得した。ハーバード大学プリンストン大学を経て,1987年からプリンストン高等研究所 IAS教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ウィッテン

米国の数学者,物理学者ブランダイス大学卒業後,プリンストン大学物理学教室を経て,現在プリンストン高等研究所教授。数理物理学,特に場の量子論に数学の手法を適用し,トポロジー,幾何学等に深い影響を与え,重要な数学的成果を数多く導く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィッテン
うぃってん
Witten

ドイツ西部、ノルトライン・ウェストファーレン州の工業都市。人口10万3200(2000)。ルール工業地帯の南東縁に位置し、ルール川北岸の低地に、特殊鋼、鋼管、機械、電子機器などの工場が立地し、背後の段丘や緑の多い斜面に市街地が広がる。中世に王領農場として発足し、18世紀には重要な穀物市場となり、19世紀後半にルール工業地帯とともに発展し、1898年に市に昇格した。[齋藤光格]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウィッテンの関連キーワードスリーランメリーランドフェアリーランドメリーゴーランドローランド効果エトはメリーゴーランドおのファミリーランドかみねレジャーランドきたみファミリーランドフリーランダー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウィッテンの関連情報