コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミウ Phalacrocorax capillatus; Japanese cormorant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウミウ
Phalacrocorax capillatus; Japanese cormorant

カツオドリ目科。全長 84~92cm。全体に黒っぽく,背は青緑色を帯びている。カワウと同様,繁殖期には頭部から頸部にかけて白色の生殖羽(→羽衣)が多数生じ,腿部に大きな白斑が現れる。ウスリー地方,サハリン島千島列島南部,中国東部,朝鮮半島の沿岸,日本に繁殖分布する。日本ではおもに九州地方北部以北の一部と北海道の沿岸および島で集団繁殖している。冬季は本州の沿岸海域に広く南下し,南西諸島小笠原諸島にも記録がある。海岸の崖地に集団休息地をつくることがある。内陸の水域に入ることは少なく,おもに沿岸海域で潜水して魚類を捕食する。日本で鵜飼いに使われるウは,本種を捕獲して飼い慣らしたものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ウミウ

ウ科の鳥。翼長33cm。日本海周辺からオホーツク海,南シナ海に分布し,日本では北海道や本州中部,北部で繁殖する。全身緑がかった黒色で,繁殖期には顔に白い羽毛を生じる。
→関連項目ウ(鵜)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウミウ
うみう / 海鵜
Temminck's (Japanese) cormorant
[学]Phalacrocorax capillatus

鳥綱ペリカン目ウ科の海鳥。全長約81センチメートル、翼開長約137センチメートル。カワウよりわずかに大きい。日本列島、朝鮮半島、樺太(からふと)(サハリン)など日本海の沿岸に分布する特産種である。島や海岸の断崖(だんがい)で営巣し、周りの海で潜水して魚をとらえる。鵜飼(うかい)に用いられる。[長谷川博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のウミウの言及

【ウ(鵜)】より

…カワウP.carbo(イラスト)は世界に広く分布し,かつては日本でも大きな内湾,湖沼で数多く繁殖していたが,開発によってすみ場所を奪われ近年著しく減少した。ウミウP.capillatus(イラスト)は日本近海の特産で,鵜飼いに使われる。なお,中国の鵜飼いはカワウを使っている。…

※「ウミウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウミウの関連キーワード瀬波笹川流れ粟島県立自然公園暑寒別天売焼尻国定公園新潟県岩船郡粟島浦村勿来県立自然公園ドナウ粟島浦(村)日本の鵜飼い知床国立公園カツオドリ鵜ノ岬温泉鵜の巣断崖三浦(市)鵜飼(漁)日立(市)雛小玉兔千羽海崖点六毛彫大鰓海牛里浜貝塚青蓑海牛

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウミウの関連情報