コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルストンクラフト Wollstonecraft, Mary

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウルストンクラフト
Wollstonecraft, Mary

[生]1759.4.27. ロンドン
[没]1797.9.10. ロンドン
イギリスの女権拡張論者。学校経営,家庭教師,出版社勤務などを経て 1797年社会思想家として有名な W.ゴドウィンと結婚。『女性の権利の擁護』A Vindication of the Rights of Woman (1792) で当時の既成観念に挑戦した。娘 M.W.シェリーを出産の際,産褥熱がもとで死亡。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ウルストンクラフト

英国の急進的女性解放運動家,著作家。政治思想家。ゴドウィンと結婚。女性の平等な権利と機会を求めた《女性の権利の擁護》(1792年)はフェミニズムの古典。娘メアリ(メアリ・シェリー)を出産の際,死去。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウルストンクラフト【Mary Wollstonecraft】

1759‐97
女性解放思想を最初に体系づけたイギリスの女性思想家。没落した中産階級の家に生まれて独学で学び,家庭教師,翻訳などで自活しながらR.プライス,T.ペインらと交流して急進主義的思想を身につけ,小説,歴史,紀行文などの12冊の著訳書を発表した。主著《女性の権利の擁護》(1792)は女性の経済的・精神的自立,参政権などを主張した画期的な著作。画家フュッスリとの恋愛,アメリカ人イムレーとの同棲をへて,1797年アナーキストのW.ゴドウィンと結婚。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ウルストンクラフト【Mary Wollstonecraft】

1759~1797) イギリスの思想家・フェミニスト。リベラリズムとフェミニズムを結び付け、女性の平等を主張した。代表作「女性の権利の擁護」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウルストンクラフト
うるすとんくらふと
Mary Wollstonecraft
(1759―1797)

イギリスの思想家。女性解放思想を歴史上最初に体系化した。家庭教師や翻訳などで自活しつつ、フランス革命期のイギリス急進主義を学び、バークの『フランス革命の省察』(1790)に対する最初の批判である『人権の擁護』A Vindication of the Rights of Men(1790)を書いて注目され、ついで『女性の権利の擁護』A Vindication of the Rights of Woman(1792)を発表した。これは、当時の女性の生き方を批判し、男女平等、女性の精神的、経済的独立を説いた画期的な書である。1797年にW・ゴドウィンと結婚したが、同年、のちにシェリー夫人となって『フランケンシュタイン』を書いた娘Mary Wollstonecraft Shelley(1797―1851)を出産した際に死亡した。小説や評論など12冊の著訳書がある。[白井 厚]
『白井堯子訳『女性の権利の擁護』(1980・未来社) ▽W・ゴドウィン著、白井厚・堯子訳『メアリ・ウルストンクラーフトの思い出』(1970・未来社) ▽白井厚・堯子著『女性解放論集』(1982・慶応通信)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のウルストンクラフトの言及

【婦人参政権運動】より


【歴史】
 婦人参政権運動はイギリス,アメリカ合衆国でもっともねばり強く進められた。
[イギリス]
 イギリスでは,17世紀の市民革命期に女性の国政への参加を求める請願が議会に提出され,18世紀の末にはM.ウルストンクラフトが《女性の権利の擁護》(1792)で婦人参政権について発言をし,19世紀にはいって,トンプソンWilliam Thompson(1785‐1833)が《人類の半数である女性の訴え》(1825)を書いてそれを要求し,チャーチスト運動のなかでも男女の同権が主張された。だが婦人参政権運動が本格化したのは1865年以降であった。…

※「ウルストンクラフト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウルストンクラフトの関連キーワードシェリー(Mary Wollstonecraft Shelley)フランケンシュタイン(シェリー夫人の小説)プライス(Richard Price)ウォルストンクラーフトウーマン・リブリベラリズム女性参政権女性運動男女平等代表作ボイル

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android