エルステッド(英語表記)Ørsted, Hans Christian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「エルステッド」の解説

エルステッド
Ørsted, Hans Christian

[生]1777.8.14. ランゲラン島ルーズケビング
[]1851.3.9. コペンハーゲン
デンマーク物理学者,化学者。初め父の薬業を手伝い,のちコペンハーゲン大学薬学,自然哲学を修め,同大学物理化学員外教授 (1806) ,正教授 (17) 。 1820年電流を流した針金の近くで磁針が針金と直角になることを見出した。この発見に刺激されて F.アラゴから M.ファラデーにいたる電気と磁気の関係を追究する実験研究が行われ,電磁気学の発展をみることになった。またドクニンジンからのピペリジンの抽出・単離,金属アルミニウムの精製など,化学的業績もある。 24年に科学知識普及協会を創設し,科学の教育,普及にも貢献した。磁場の強さの CGS電磁単位エルステッド」に名が使われている。

エルステッド
oersted

磁場の強さの CGS電磁単位またはガウス単位。記号Oe。 1Oeは単位磁極に働く力が 1dynである磁場の強さである。単位名は H. C.エルステッドの名にちなむ。 SI単位であるアンペア回数毎メートル (A・m-1) を用いると 1Oe=(1/4π)×103A・m-1 となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「エルステッド」の解説

エルステッド
えるすてっど
oersted

CGS単位系の磁化力、または磁界の強さの単位。4π分の1000アンペア毎メートル(103/4π)A/mの磁界の強さをいう。記号はOeで表す。この単位は1930年の国際電気標準会議で定められた。名称はデンマークの物理学者、化学者エールステッドの業績にちなんでいる。なお、地球の磁界は0.2~0.3エルステッド程度である。

[小泉袈裟勝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「エルステッド」の解説

エルステッド

デンマークの物理学者,化学者。初め薬剤師,のち物理学に転じ,1806年コペンハーゲン大学教授。1820年導線のそばに置いた磁針が電流によって力を受けることを発見し,電磁力学の端緒を開いた。磁場の強さの単位エルステッドは彼に由来。
→関連項目アンペール電磁気学

エルステッド

磁場の強さのCGS電磁単位(CGS単位系)。記号Oe。単位磁極に働く力が1ダインのときの磁場の強さ。MKSA単位(1アンペア/m)の103/(4π)倍。
→関連項目エルステッド

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「エルステッド」の解説

エルステッド

〘名〙 (oersted) CGS電磁単位系、またはガウス単位系における磁場の強さを表わす単位。記号 Oe 単位磁極に一ダインの力が働いた時の強さをいう。デンマークの物理学者H=C=エルステッド(一七七七‐一八五一)の名にちなむ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

単位名がわかる辞典「エルステッド」の解説

エルステッド【oersted〈デンマーク〉】

磁場の強さのCGS単位。記号は「Oe」。単位磁極に働く力が、1ダインとなるときの磁場の強さ。SI単位系との関係では、1Oeは(1000/4π)A/mに相当する。◇名称は、デンマークの物理学者エルステッドにちなむ。

出典 講談社単位名がわかる辞典について 情報

化学辞典 第2版「エルステッド」の解説

エルステッド
エルステッド
oersted

磁場の強さの単位.記号 Oe.単位磁極に作用する力が1 dyn のときの磁場の強さ.国際単位系(SI単位)の磁場の強さの単位である A m-1 との関係は

1 Oe = (1/4π)×103 A m-1

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

デジタル大辞泉「エルステッド」の解説

エルステッド(oersted)

CGS単位系磁界の強さの単位。1エルステッドは単位磁極に働く力が1ダインのときの磁界の強さで、103/4πアンペア毎メートル。H=C=エルステッドの名にちなむ。記号Oe

エルステッド(Hans Christian Oersted)

[1777~1851]デンマークの物理学者。電流の磁気作用を発見し、電磁気学基礎を確立した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「エルステッド」の解説

エルステッド【oersted】

CGS電磁単位系(CGS emu)における磁場の強さの単位。デンマークの物理学者H.C.エルステッドにちなんで名付けられ,記号はOe。磁場内におかれた1電磁単位の磁極に働く力が1dynのとき,その磁場の強さを1Oeという。半径2πcmの円形の導線に10Aの電流を流すと,その中心に1Oeの磁場ができる。これは国際単位系の単位で測れば103/(4π)=79.6(A/m)にあたる。【平山 宏之】

エルステッド【Hans Christian Ørsted】

1777‐1851
デンマークの物理学者,化学者。ランゲラン島のルズケビングの生れ。コペンハーゲン大学で天文学,物理学,数学,化学,薬学を学び,1797年卒業。1801年からベルリンゲッティンゲンワイマールなどヨーロッパ各地をまわり,当時発表されてまもないボルタ電堆に関して多くを学んだ。その際,ガルバーニ電流の化学作用の研究を進めていたJ.W.リッターと知り合ったことから,化学親和力と電気の関係に興味をもち,04年にパリから帰国後,電気化学の研究に取り組んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のエルステッドの言及

【磁気】より

…磁極と磁極との間に働く力を定量的に測定し,その大きさが距離の2乗に反比例することを決定づけたのはC.クーロンである(クーロンの法則)。磁場が電流によっても生ずることを発見したのはH.C.エルステッドで,これを定量的に法則化したのはA.M.アンペールである。また反対に,コイルの中をよぎる磁束の時間的変化によってコイル内に起電力が生ずるという電磁誘導の法則がM.ファラデーによって発見され,このようにして電気と磁気の間に密接な関係のあることが明らかにされていった。…

【場】より

…つまり,物体に対する力の遠隔的作用という形でそれ以上の説明を拒否する(それが《プリンキピア》におけるニュートンの〈我は仮説をつくらず〉という言明の真意であった)ことに満足できないような状況が,19世紀に入ると生まれてきたのである。
[場の概念の登場と展開]
 1820年H.C.エルステッドが電流の磁石に対する影響を明証する事実を発見した。電流を流した電線の傍らに磁石を置くと,電流の方向に対して直角に(もしくは円環をなすように)磁石が動く,という事実である。…

※「エルステッド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android