コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオセグロカモメ オオセグロカモメ Larus schistisagus; slaty-backed gull

3件 の用語解説(オオセグロカモメの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオセグロカモメ
オオセグロカモメ
Larus schistisagus; slaty-backed gull

チドリ目カモメ科。全長 61cmの大型のカモメ。頭,胸腹部,尾は白く,背と翼上面は濃青灰色。嘴は黄色で,下嘴の先端に赤色斑がある。脚は桃色。日本以北の北太平洋西部の沿岸各地と島々に繁殖し,冬季はやや南方に移って越冬する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オオセグロカモメ

カモメ科の鳥。翼長43cm。成鳥では頭や腹は白い。背と翼の上面が灰黒色,翼の先端が黒色で,カムチャツカオホーツク海沿岸で繁殖し,日本では天売島など北海道東部の沿岸で繁殖,本州以南へは冬鳥として渡来する。
→関連項目カモメ(鴎)セグロカモメ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオセグロカモメ
おおせぐろかもめ / 大背黒鴎
slaty-backed gull
[学]Larus schistisagus

鳥綱チドリ目カモメ科の海鳥。極東特産のやや大形種で、全長61センチメートル、翼開長135センチメートル。オホーツク海や日本海北部沿岸の断崖(だんがい)や島で集団繁殖し、冬季は日本列島や中国大陸沿岸に一部渡る。[長谷川博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オオセグロカモメの関連キーワード海猫白千鳥白鰺刺白鴎千鳥目盗賊鴎フランクリン鴎カモメ(鷗)セグロカモメ(背黒鷗)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オオセグロカモメの関連情報