コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オホーツク海気団 オホーツクかいきだんOkhotsk Sea air mass

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オホーツク海気団
オホーツクかいきだん
Okhotsk Sea air mass

日本の北方,オホーツク海に発現域をもつ海洋性寒帯気団。日本には 6~9月の間現れ,日本の天気を支配する。梅雨や秋雨の頃に,冷たく湿った北東の風を吹かせる。この北東気流は,東北地方ではやませと呼ばれ,冷害をもたらすことがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

オホーツク海気団【オホーツクかいきだん】

オホーツク海,千島列島・カムチャツカ近海に形成される海洋性寒帯気団。梅雨期に日本に吹きこむ冷湿の北東気流(やませ)がこれで,冷害を起こす。盛夏期には暑さを中断し,秋霖(しゅうりん)期にも現れる。
→関連項目秋雨寒帯気団

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オホーツクかいきだん【オホーツク海気団 Okhotsk air mass】

海洋性寒帯気団に属するもので,6月から9月にオホーツク海に高気圧が停滞する時につくられる。寒冷な海面の熱特性に同化された空気で,通常は約1km以下の気層が低温で多湿になり,その上は沈降気流のため暖かく湿度は小さく,安定な成層をなしている。この気団が暖かい海面や陸地に入ると対流雲ができるが,上空が安定な限りは層積雲状にひろがる。オホーツク海に高気圧が持続して,この気団が北日本に流入すると低温と日照の不足を招き,冷害や凶作につながる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

オホーツクかいきだん【オホーツク海気団】

海洋性寒帯気団の一。梅雨期や秋雨期に、オホーツク海から千島・三陸沖にかけてできる冷湿な気団。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オホーツク海気団
おほーつくかいきだん

梅雨期や秋雨期にオホーツク海や三陸沖に現れる低温多湿な気団。海洋性寒帯気団に属する。南にある小笠原(おがさわら)気団との間に前線をつくるので、日本付近は雨の降りやすい天気が続く。大陸性のシベリア気団がオホーツク海に移動し、海面から水蒸気の補給を受けながらしだいに海洋性に変質した気団で、高さは2~3キロメートルのことが多い。[饒村 曜]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オホーツク海気団の関連キーワードオホーツク海高気圧やませ(山背)海洋性気団停滞前線梅雨前線海洋気団

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android