コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オランダ領アンティル オランダりょうアンティルNederlandse Antillen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オランダ領アンティル
オランダりょうアンティル
Nederlandse Antillen

西インド諸島東部,小アンティル諸島にあった,かつてのオランダ自治領ベネズエラ北西岸沖にあるキュラソー島(→キュラソー)とボネール島(→ボネール)からなる南部島群と,それらの北東約 800km,リーワード諸島中にあるシントエースタツィウス島(→シントエースタツィウス),サバ島(→サバ),サンマルタン島南部(→シントマールテン)からなる北部島群によって構成された。行政府所在地はキュラソー島のウィレムスタト。南部島群はおもに火成岩からなる比較的平坦な島々で,サンゴ礁に囲まれる。初めスペイン人が入植したが,17世紀前半岩塩資源を求めてやってきたオランダ人が占領。17~18世紀奴隷や農産物の貿易で繁栄。オランダ領西インド諸島と呼ばれたが,1845年オランダ領の 6島を統合。1954年名称をオランダ領アンティルに変更し,内政自治権を獲得した。1986年,アルバ島(→アルバ)が分離。20世紀ベネズエラの油田が開発されてから,アメリカ合衆国資本による石油精製が盛んになり,1985年から自治政府が買い上げて運営し,主産業となった。北部島群は火山島で,最高点はサバ島の 860m。南部島群ほど乾燥は著しくなく,ハリケーンが多い。17世紀前半ヨーロッパ人が入植,サトウキビ,ワタの栽培と中継貿易で繁栄。公用語はオランダ語であるが,南部島群ではパピアメント語(スペイン語,オランダ語,ポルトガル語の混成語),北部島群では英語が優勢。2010年にオランダ領アンティルが解体され,各島はオランダの自治領または自治体として,それぞれ分離した。面積 800km2。人口 20万4000(2010推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

オランダりょう‐アンティル〔‐リヤウ‐〕【オランダ領アンティル】

Nederlandse Antillen》カリブ海の小アンティル諸島にあったオランダの自治領。ベネズエラ北西沖にあるキュラソー島アルバ島・ボネール島、およびプエルトリコの東に位置するシントマールテン島南部・サバ島・シントユースタティウス島の6島により1954年に発足。首都はキュラソー島のウィレムスタッドに置かれた。1986年にアルバが分離、2010年にキュラソーシントマールテンが分離し、解体。他の3島(BES諸島)は本国に編入された。
[補説]オランダ領アンティルを構成した6島は地理的に二つのグループに分かれ、このうちカリブ海南部のベネズエラ沖に連なるアルバ島・ボネール島・キュラソー島の3島はABC諸島、約800キロに離れたカリブ海北東部に位置するシントマールテン島・シントユースタティウス島・サバ島の3島はSSS諸島と総称される。また、オランダ領アンティル解体時に単独の自治領とならず、特別自治体としてオランダ本国に編入されたボネール島・シントユースタティウス島・サバ島の3島はBES諸島と総称される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

オランダ領アンティル【オランダりょうアンティル】

カリブ海,ベネズエラの北部海岸沖にあるアルバ,ボネール,クラサオのABC3島と,これから北東に約800km離れた小アンティル諸島北部にあるシント・マールテン,シント・エウスタティウス,サバの3島からなる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オランダりょうアンティル【オランダ領アンティル Nederlandse Antillen】

カリブ海にあるオランダ領の島群。総面積800km2。人口20万5000(1995)。主都はクラサオ島のウィレムスタット。15世紀末にコロンブスオヘダベスプッチにより次々と発見された。17世紀以降オランダ領となり,ナポレオン戦争の際,一時イギリスに占領されたが,1816年再びオランダ領となった。2グループに分かれる6島から成っている。一方は,ベネズエラ北部沖の,アルーバボナイレ,クラサオのABC3島で,他の一群はプエルト・リコの東にあってリーワード諸島に属するセント・マールテン(サン・マルタン)とサバおよびセント・エウスタティウスの3島である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

オランダりょうアンティル【オランダ領アンティル】

カリブ海、小アンティル諸島の西部にあるキュラソー島・アルバ島・ボネール島などから成るオランダの自治領。1634年オランダが占領。中心都市はキュラソー島のウィルムスタット。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オランダ領アンティル
おらんだりょうあんてぃる
Netherlands Antilles

西インド諸島にあったオランダの自治領。カリブ海南部、ベネズエラの北西にあるアルーバ島、キュラソー島、ボネール島と、リーワード諸島中のサン・マルタン島(島の北部はフランス領)、サバ島、セント・ユスタティウス島の6島からなる。1986年にアルーバ島が単独の自治領として分離。残った5島も2010年に解体、キュラソーとサン・マルタン両島は単独の自治領となり、ボネール、サバ、セント・ユスタティウスの3島はオランダに編入された。1995年当時の面積809平方キロメートル、人口20万7333。中心都市はキュラソー島のウィレムスタット。住民の多くは先住民、アフリカ人、スペイン人、オランダ人などの混血。オランダ領アンティルは、オランダ王国憲章に基づきオランダと同等の立場に立ち、ほぼ独立国に等しい政治体制を有したが、外交、防衛についてはオランダが権限をもっていた。[菅野峰明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オランダ領アンティルの関連キーワードジョーンズ(Andruw Rudolf Jones)港町ヴィレムスタット歴史地域ウラディミール バレンティン和蘭・阿蘭陀・和蘭陀レギナルド デビントセント・マールテンピム ファーベークプランテーション大西洋奴隷貿易クラサオ[島]バレンティンIOA

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android