コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カエデチョウ(楓鳥) カエデチョウ gray waxbill

1件 の用語解説(カエデチョウ(楓鳥)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カエデチョウ【カエデチョウ(楓鳥) gray waxbill】

スズメ目カエデチョウ科の鳥(イラスト)。全長約10cm,スズメよりずっと小さい。雌雄同色。眼の前後とくちばしは紅赤色で,背面は灰褐色,下面は淡褐色。腰と尾は黒く,飛ぶときによく目だつ。サハラ砂漠の南縁に沿って,アフリカ大陸中央を横断するように,エチオピアからセネガルにかけて分布している。半砂漠地の低木林にすみ,農耕地のまわりのとげやぶのある場所も好む。一夫一妻で繁殖する。巣は草や低木の根もとに枯草の葉先を使って卵形の天井のついた巣をつくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カエデチョウ(楓鳥)の関連キーワード楓鳥錦静鳥金腹銀腹胡錦鳥青紅鳥太陽鳥文鳥紅雀川烏

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone