コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カエル(蛙) カエル

2件 の用語解説(カエル(蛙)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

カエル(蛙)【カエル】

両生綱無尾目の総称。頭部と胴部が連続している。四肢,特に後肢が発達し,陸上での跳躍力,水中での遊泳力がすぐれる。幼生はオタマジャクシで,発達した尾をもつが,変態後は消失する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カエル【カエル(蛙)】

無尾目Anuraに属する両生類の総称で,成体は完全に変態し幼生(いわゆるオタマジャクシ)とは形態を異にする。英名は一般にはfrogであるが,ヒキガエルのような外観のものをtoadと呼ぶことが多い。極地を除く世界の各大陸に分布し,平地から高地,海水を除く水中から砂漠地帯まで,あらゆる環境に適応放散してすみついている。分類には諸説があるが,全体を25科3967種類ほどに分けることが多く,日本には帰化種3種と在来種約34種・5亜種が分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone