コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カピッツァ Kapitsa, Pëtr Leonidovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カピッツァ
Kapitsa, Pëtr Leonidovich

[生]1894.7.8. ペテルブルグ近郊クロンシュタット
[没]1984.4.8. モスクワ
ソ連の物理学者。ペテルブルグ工科大学卒業後,イギリスに渡り (1921) ,キャベンディッシュ研究所で E.ラザフォードのもとに学ぶ。帰国して,ソ連科学アカデミー・バビロフ物理問題研究所所長 (35~45,55) 。キャベンディッシュ研究所では,極低温下および強磁場内での物性を研究し,1924年までに 50万ガウスの磁場を得る電磁石を製作した (この記録は 56年まで破られなかった) 。また 34年には「カピッツァ方式」による画期的な液化速度をもつヘリウム液化装置を発明し,極低温物理学の実験の基礎をつくった。これらの業績に対し,78年に「遅きに失した」ノーベル物理学賞が授与された。第2次世界大戦後 (46) ,平和主義を唱えて原爆開発への参加を拒んだために,研究所所長職を追われ,スターリンの死後まで自宅に軟禁された。 66年にはイギリスのラザフォード・メダルを受章した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カピッツァ

ソ連の物理学者。ペトログラード工業大学を出て1921年渡英し,ケンブリッジのラザフォードのもとで強磁場発生法を開発,それを用いて極低温を研究。1934年ソ連に帰りモスクワ物理問題研究所長となり,タービンを用いた工業的空気液化装置を完成(1939年),液体ヘリウム超流動を研究。
→関連項目コッククロフトヨッフェランダウ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カピッツァ【Pyotr Leonidovich Kapitsa】

1894‐1984
ソ連の物理学者。サンクト・ペテルブルグの西のクロンシタットに生まれる。ペトログラード工業大学に学び,1921年イギリスに渡りケンブリッジ大学キャベンディシュ研究所においてE.ラザフォードの指導を受ける。そこで1920年代としては世界最大の瞬間強磁場発生装置(30万ガウス)を製作した。次いで同大学モンド研究所所長となり,断熱膨張機を用いた新たなヘリウム液化機を開発した。 34年,ソ連政府の要請に応じて帰国し,モスクワの物理問題研究所長となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

カピッツァ【Pyotr Leonidovich Kapitsa】

1894~1984) ソ連の物理学者。ラザフォードに学び金属の磁性を研究、強磁場発生装置を作る。また、ガス冷却法を開発し、水素・ヘリウムの液化装置を考案。極低温物理を研究して液体ヘリウムの超流動を発見。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カピッツァ
かぴっつぁ
Пётр Леонидович Капица Pyotr Leonidovich Kapitsa
(1894―1984)

ソ連の物理学者。液体ヘリウムの超流動性の発見、ヘリウム、酸素液化装置の開発で知られる。7月9日クロンシュタットに生まれる。ペテルブルグ工科大学に学び、十月革命の翌年1918年に卒業、1921年にイギリスに渡り、ケンブリッジ大学キャベンディッシュ研究所でラザフォードに師事した。α(アルファ)線の研究の必要から、当時としては画期的な30万ガウスの瞬間強磁場発生装置をつくった。1933年王立モンド研究所の初代所長に就任、極低温における金属物性研究のため膨張機関による新しいヘリウム液化装置を開発。1934年帰国、モスクワの物理問題研究所長となり、同研究所の建設を指導、超流動性を示す液体ヘリウムの理論的研究で1962年ノーベル物理学賞を受賞したランダウもここに理論部長として迎えられた。1938年、絶対零度近くで液体ヘリウムが細い毛細管やすきまを粘性なしに流れる超流動性を発見した。第二音波やカピッツァ抵抗など極低温研究における業績は有名である。第二次世界大戦中は、タービン膨張機による液体酸素の量産を実現して鉄鋼生産に貢献、レーニン勲章を受けた。液化装置における功績は著しく、今日使われている液化機の多くは基本的に彼の研究に負っている。1937年原子力会議の委員となったが、原子爆弾製造に関して協力的でなく、1946年から5年間、科学アカデミー会員を除くすべての公職を解任された。1957年から惑星間委員会委員長として人工衛星スプートニク打上げを指導した。「低温物理学における発明と発見」により、1978年ノーベル物理学賞を受賞した。[常盤野和男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカピッツァの言及

【超流動】より

…超流動状態では,液体はきわめて細い管の中を圧力差なしに流れ,また,第2音波や噴水効果など種々の奇妙な現象が観測される。 液体ヘリウム4に,液体ヘリウムIIと呼ばれる相が存在することはW.H.ケーソムらによって1927年に発見され,これが粘性0の超流動相であることは38年にP.L.カピッツァによって確かめられた。また液体ヘリウム3の超流動相はアメリカのD.D.オシェロフらによって72年に発見された。…

※「カピッツァ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カピッツァの関連キーワードラザフォード(1st Baron Rutherford of Nelson Ernest Rutherford)ヨッフェ(Abram Fyodorovich Ioffe)ウィルソン(Robert Woodrow Wilson)ランダウ(Lev Davidovich Landau)サンクト・ペテルブルグカピッツァ抵抗アブリコソフ大久保 準三ペンジアスカピーツァ磁性

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カピッツァの関連情報