コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラコルム[峠] カラコルム

百科事典マイペディアの解説

カラコルム[峠]【カラコルム】

カシミール地方北東部,カラコルム山脈横断の峠。K2山の東側に位置し,標高約5600m。古来インド〜中央アジア,チベット間の要路

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カラコルム[峠]【Karakorum Pass】

カラコルム山脈東部から東へ派生し,北のヤルカンド川と南のシャイヨーク川両流域を分ける山脈にある峠。標高5570m。峠周辺の不毛の荒地をおおう黒い礫(トルコ語,突厥語で〈カラコルム〉)のためこの名をもち,のちにこれが山脈全体の名称となった。古くからタリム盆地とカシミール地方を結ぶ交易路が通っている。北緯35゜34′,東経77゜45′,中国側の盆地南縁の町皮山の南約240km,ラダックの中心都市レーの北約160kmにある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android