コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沼沢湖 ぬまざわこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沼沢湖
ぬまざわこ

福島県西部,只見川中流部南方にあるカルデラ湖。面積 3km2,周囲 7.5km,湖面標高 474m,最大水深 96m。排水口は湖の北端から沼沢川となって流出し,深い谷となって只見川に注ぐ。湖面は只見川水面より約 220m高く,この落差を利用して 1952年揚水式沼沢湖発電所が建設された。集水面積が狭いため只見川の水を揚げて貯水する。揚水式発電所の先駆。ヒメマスの幼魚の放流が行われる。只見柳津県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぬまざわ‐こ〔ぬまざは‐〕【沼沢湖】

福島県西部にあるカルデラ湖只見川中流域に位置する。只見川との高低差を利用した揚水式発電が行われる。面積3平方キロメートル、湖面標高475メートル、最大深度96メートル。只見柳津(やないづ)県立自然公園の中心。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

沼沢湖【ぬまざわこ】

福島県金山町東部にある,面積2.99km2の湖で,水深が県内の湖で最も深いのが特徴。二重式火山の沼沢火山(活火山)が形成したカルデラ湖で,東西と北を只見川に囲まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕沼沢湖(ぬまざわこ)


福島県西部、只見(ただみ)川の中流南岸にある沼沢火山のカルデラ湖。面積3.0km2旧称沼沢沼。只見川の水面との落差約200mを利用して水力発電が行われる。湖岸の周囲にサイクリング道路キャンプ場がある。付近には温泉が点在。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沼沢湖
ぬまざわこ

福島県西部、大郡金山(かねやま)町にある湖。面積2.98平方キロメートル。湖面標高474メートル、最大水深96メートル。約5000年前、沼沢火山が噴出したときに生じたカルデラ湖。只見(ただみ)川の河床との比高約200メートルを利用した揚水式発電所の貯水池の役割を果たしている。湖岸は原生林に覆われるが、湖岸を一周する遊歩道がある。ヒメマスが生息し、冬季にはハクチョウが飛来。只見柳津(やないづ)県立自然公園の一部。JR只見線早戸駅下車。[中村嘉男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

沼沢湖の関連キーワード福島県大沼郡金山町沼沢金山(町)(福島県)沼沢湖畔キャンプ場福島県大沼郡金山町日本の活火山金山[町]ヒメマスかねやま活火山

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沼沢湖の関連情報