カロン(読み)かろん(英語表記)François Caron

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カロン(Franois Caron)
かろん
Franois Caron
(1600―1673)

江戸初期の平戸(ひらど)オランダ商館長。ブリュッセル市に生まれる。1619年オランダ東インド会社船に乗り組み、翌年バタビアに至る。26年(寛永3)平戸オランダ商館助手となり、以後通訳、商務員を経て、39年館長に就任(~41年)、ポルトガルの勢力を排除しオランダの対日貿易独占の基礎を築いた。妻はキリシタン江口十左衛門の姉で、6子をもうけた。平戸の商館閉鎖後離日、バタビア執行官、台湾長官、バタビア政務総監を歴任したが、植民地行政をめぐり本国理事会と対立、51年帰国した。65年コルベールにより設立されたフランス東インド会社の首席理事に就任、インドで活動したが、現地で軍人らと対立した。73年帰国途中リスボン湾で乗船が座礁沈没して死亡。『日本大王国志』を著す。[沼田 哲]
『幸田成友訳『日本大王国志』(平凡社・東洋文庫) ▽永積洋子著『平戸オランダ商館日記』(1981・そしえて)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カロンの関連情報