コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カロン[ランプサコス] Charōn of Lampsakos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カロン[ランプサコス]
Charōn of Lampsakos

古代ギリシアの史家ヘロドトスの先行者といわれる。前5世紀レイオス1世時代に,ギリシア,ペルシアなどの物語風な歴史を書いたと伝えられるが,現存しない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android