コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーナーボン Carnarvon, George Edward Stanhope Molyneux Herbert

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーナーボン
Carnarvon, George Edward Stanhope Molyneux Herbert

[生]1866.6.26. バークシャー
[没]1923.4.6. カイロ
イギリスのエジプト学者で収集家。 1922年,H.カーターを援助して,王陵の谷トゥトアンクアメンの墓を発見したことで有名。

カーナーボン
Caernarfon

イギリスウェールズ北西部,グウィネズの行政府所在地。旧カーナーボンシャー県の県都。ウェールズ本土とアングルシー島を分ける狭いメナイ海峡西端近くの本土側に位置する。現在の町の南東方にある低い丘に,75年頃ローマ人が要塞を築き,セゴンティウム Segontiumと呼んだ。11世紀のノルマン人の侵入は短期間であったが,このとき砦が築かれ,その後砦を中心にウェールズのグウィネズ公が荘園を設置した。1282~83年にウェールズを征服したイングランドエドワード1世は砦を中心に大規模な城塞(→カーナーボン城)を築き,これに接して防壁で囲んだ町を建設し,北ウェールズの首都とした。町は 1284年勅許状を与えられ,ウェールズの重要な町の一つに発展,19世紀には近くのスノードン山地に産するスレートの積出港として繁栄した。現在は小さな商業中心地にすぎないが,13世紀の城とその壁がきわめてよく保存されているため,夏季を中心に観光客が多い。カーナーボン城は 1986年,「グウィネズ地方のエドワード1世ゆかりの城塞群」の一つとして世界遺産の文化遺産に登録された。人口 9611(2001)。

カーナーボン
Carnarvon

オーストラリア,ウェスタンオーストラリア州西部,パースの北北西 981kmにある町。ギャスコイン川の河口,シャーク湾の東北岸に位置する。灌漑によるバナナ,パイナップルなどの熱帯作物やエビ漁で知られる。塩を輸出する。人口 9038 (1991推計) 。

カーナーボン
Carnarvon

南アフリカ共和国北ケープ州中南部の町。ケープタウン北東約 475kmに位置。鉄道,道路交通の要地で農牧業の中心地。羊毛,コムギその他の穀物を産する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カーナーボン【Caernarvon】

イギリス,ウェールズ北西部グウィネッズ州の州都。ウェールズ語ではカーナーフォンCaernarfonと呼ぶ。人口9506(1981)。カーナーボン湾に面する。この名称はケルト系ウェールズ住民の言葉で〈砦〉の意味があり,紀元75‐80年にローマ人がこの地に築いた砦を指した。ローマ人撤退後はウェールズの部族の首領がこれを占拠した。ノルマン征服後の11世紀末にノルマン人がここに城塞を建築した。その後歴代のイングランド王がウェールズ遠征を行ったが,最終的にはエドワード1世が1282‐83年に征服してイングランドに併合した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カーナーボン
かーなーぼん
Caernarfon

イギリス、ウェールズ北西部、グウィネズ県の県都。人口9695(1991)。セイオン川の河口に臨む港町で、観光、商業、行政の中心都市。市の歴史はローマ人の砦(とりで)建設にさかのぼり、史跡に富む。城壁に囲まれた旧市街には、由緒ある建物が多い。とりわけエドワード1世時代(1283~1323)に建てられたカーナーボン城は、エドワード2世(後のプリンス・オブ・ウェールズ)が誕生した重要な史跡である。[久保田武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カーナーボンの関連キーワードカーター(Howard Carter)トゥトアンクアメンスノードン[山]ロイド・ジョージツタンカーメンカナーボン城マクラウド湖ガスコイン川ギャスコイン大鑽井盆地コンウィ城ドーソン川オンスロウコンウィバンガーバロー島

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android