コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガイガーミュラー計数管 ガイガーミュラーケイスウカン

2件 の用語解説(ガイガーミュラー計数管の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ガイガーミュラー‐けいすうかん〔‐ケイスウクワン〕【ガイガーミュラー計数管】

放射線測定器の一。アルゴンなどの気体を封入した金属円筒を陰極、その中心に張った針金を陽極とし、高電圧をかけたもの。放射線が入射すると放電が起こり、その時の電流を増幅して計測する。1928年にガイガーミュラー(W.Müller)が考案。ガイガーカウンターガイガー計数管。GM管。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ガイガーミュラーけいすうかん【ガイガーミュラー計数管】

放射線検出器の一。金属円筒にアルゴン・アルコールなどのガスを入れ、その中心に張った金属線(陽極)と円筒(陰極)との間に1000ボルト 前後の電圧をかけておくと、粒子が入射するたびに封入ガスがイオン化され放電がおこる。この放電を計測して放射線を検出する。1928年ドイツのガイガーとミュラーが考案。ガイガー-カウンター。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone