ガイガーミュラー計数管(読み)ガイガーミュラーけいすうかん

精選版 日本国語大辞典「ガイガーミュラー計数管」の解説

ガイガー‐ミュラー‐けいすうかん ‥ケイスウクヮン【ガイガーミュラー計数管】

〘名〙 (考案者 H. Geiger および W. Müller の名から) 放射能測定装置で計数管一種。金属円筒を陰極、その中心軸に張った針金陽極とし、中にアルゴンヘリウムなどのガスを入して高電圧をかけたもの。放射線が入射すると両極間で放電が起こるので、その放電電流を増幅して測定する。おもにβ線、γ線測定に用いる。ガイガー計数管

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ガイガーミュラー計数管」の解説

ガイガーミュラー‐けいすうかん〔‐ケイスウクワン〕【ガイガーミュラー計数管】

放射線測定器の一。アルゴンなどの気体を封入した金属円筒を陰極、その中心に張った針金を陽極とし、高電圧をかけたもの。放射線が入射すると放電が起こり、その時の電流を増幅して計測する。1928年にガイガーミュラー(W.Müller)が考案。ガイガーカウンター。ガイガー計数管。GM管

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android