コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガス灯 ガスとう gas lamp

5件 の用語解説(ガス灯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガス灯
ガスとう
gas lamp

都市ガスの燃焼による灯火で,石油ランプから電灯への過渡期に用いられた。イギリスの発明家 W.マードックによって実用化され広く使われるようになり (1792) ,日本では明治4 (1871) 年に横浜外人居留地に初めて点灯され,1874年には銀座煉瓦街の街路灯がついて人々を驚かせた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ガス‐とう【ガス灯】

ガスを燃やして発する光を利用する明かり。日本では明治5年(1872)横浜で最初に使用。のち、東京で街灯とされ、点灯夫が夕方に点灯、朝に消灯した。ガスランプ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ガス灯【ガスとう】

石炭ガスの燃焼時に発する光を利用した灯火。日本では1872年に高島嘉右衛門フランス人技師ペレゲレンの設計監督で事業化し,横浜外人居留地に点灯した。1874年には東京の銀座れんが街の建設に伴って京橋と金杉橋間に85基のガス街灯がつけられた。
→関連項目ガス事業

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ガスとう【ガス灯 gas light】

ガスが燃焼して発する光を利用する灯火。コークス生産の副産物のガスを照明に利用する技術は,18世紀後半ベルギー人J.P.ミンケレルスやフランス人P.ルボンが開発したとする説もあるが,イギリスのボルトン=ワット商会の技師であったマードックWilliam Murdock(1754‐1839)によって実用化された。1792年に実験工場をつくった彼は,1802年にアミアン条約の締結を祝ってバーミンガムソーホー工場をガス灯で照明して大評判となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガス灯
がすとう

ガスの燃焼で発する光を利用する灯火。1798年にイギリス人ウィリアム・マードックによって実用化された。その後1812年ロンドンで、19年にはパリでガス事業が開始され、世界の大都市にガス灯が普及していった。日本では1872年(明治5)にフランス人アンリ・プレグランの設計・監督により、横浜の馬車道本通り―大江橋間で初めて使用され、東京では74年に浜崎町にガス発生所が設けられて京橋―金杉橋間にガス街灯が点火された。夕刻、点灯夫が点火して回り、翌朝また消灯に回った。屋内灯としては、97年ごろから一般家庭の需要も漸増したが、使用者は上流家庭の一部に限られ、それも電灯や石油ランプとの混用であった。この間白熱マントルの使用など光質の改良も行われたが、灯火としては電灯に対抗できず、やがて廃れた。[山内まみ]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のガス灯の言及

【街灯】より

…ヨーロッパ各都市はこれにならって,おおむね17世紀には街灯が設置された。1803年にはガス灯が劇場照明に利用され,07年に街灯に用いられた。 日本では,臨時的なものは古くから庭園や神社で篝火(かがりび)が焚かれ,恒常的なものとしては,奈良東大寺の聖武天皇時代の灯籠が現存している。…

【紅茶】より

…朝食をパンとティーですます習慣はイギリスでは18世紀初めごろからみられたが,アフタヌーン・ティーは18世紀中ごろから貴族階級の間で始まった。ティー・タイムが一般に広がるのは1840年代以降のことで,それが必要になったのは,遠方への通勤やガス灯の普及で夕食の時間が遅くなったためである。 緑茶文化が日本の茶の湯文化におけるようにわび,さび的精神文化へ昇華したのに対し,紅茶文化は物質文化ないし資本主義的経済発展を促したところに特徴がある。…

【舞台照明】より

…舞台上での蠟燭,カンテラの使用は,しばしば劇場火災を引き起こしたので,法令では禁止されることが多かった。 明治になると,石油ランプ,ガス灯,アーク灯などの新しい照明器具が舶来して,劇場技術としての照明は急速な変化を示す。ガス灯は横浜で1873年ゲーテ座,74年に湊座にその灯を点じ,東京では78年の新富座再建で劇場の外はもちろん場内270ヵ所にガス灯がともり,8月には夜芝居が興行された。…

※「ガス灯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガス灯の関連キーワード化学ロケット白熱ガス灯バイオマス発電炎光分析燻液原子発光分析生物発光法ガス警報器ガス測定器

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガス灯の関連情報