コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キチョウ キチョウ Eurema hecabe

4件 の用語解説(キチョウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キチョウ
キチョウ
Eurema hecabe

鱗翅目シロチョウ科。前翅長 24mm内外。翅は黄色で,前後翅表面は外縁が黒い。秋型ではこの翅表黒色部が退化,あるいはまったくないものもあるが,裏面には小黒点が発達している。幼虫はマメ科のネムノキを好むが,ハギやその他のものも食べる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

キチョウ

鱗翅(りんし)目シロチョウ科の1種。開張45mm内外,黄色で,夏型は外縁が黒く縁どられるが,秋型は黒縁がなく,前翅端だけ黒色。本州以西の暖地から熱帯アジアオーストラリアアフリカに広く分布。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

キチョウ【grass yellow】

鱗翅目シロチョウ科の昆虫(イラスト)。やや南方系の種で,本州以南に多く,北海道では記録はあるがきわめてまれ。明るい丘陵地のほか,東京などの市街地でもよく目撃されるが,これは幼虫の食樹であるハギ,ネムなどが栽植されているためでもある。やや小型で,開張は4~4.5cm。雄の翅表面は鮮やかな黄色,雌は淡黄色であるが,裏面の模様や表面の黒色部は季節による変異が大きい。夏型はやや大きく,黒色部が発達しない。秋型の裏面は褐色の鱗粉が多く,そばかす状の斑点もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キチョウ
きちょう / 黄蝶
common grass yellow
[学]Eurema hecabe

昆虫綱鱗翅(りんし)目シロチョウ科に属するチョウ。アフリカおよびアジアの熱帯から温帯にかけて分布が広く、日本でも関東地方以南の暖地にきわめて普通、それより北上するにつれて少なく、東北地方北部では年によって迷チョウが発見される程度となる。はねは黄色、表面の黒い縁どりは夏型ではよく発達して明瞭(めいりょう)であるが、秋型では発達が弱く、ときにほとんど消失する。成虫態で越冬し、多化性であるので早春より晩秋まで連続的にその姿がみられる。幼虫の食草はマメ科植物で、メドハギそのほかのハギ類、ネムノキ、サイカチ、アカシア類(植栽)を食べる。沖縄本島ではそのほかにクロウメモドキ科のヒメクマヤナギ、リュウキュウクロウメモドキも食草となる。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キチョウの関連キーワードウスバシロチョウツマベニチョウ白蝶条黒白蝶深山白蝶姫白蝶シロチョウ(白蝶)チョウセンシロチョウ(朝鮮白蝶)ヒメシロチョウ(姫白蝶)モンシロチョウ(紋白蝶)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キチョウの関連情報