コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キチョウ Eurema hecabe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キチョウ
Eurema hecabe

鱗翅目シロチョウ科。前翅長 24mm内外。翅は黄色で,前後翅表面は外縁が黒い。秋型ではこの翅表黒色部が退化,あるいはまったくないものもあるが,裏面には小黒点が発達している。幼虫はマメ科ネムノキを好むが,ハギやその他のものも食べる。成虫で越冬。年数回発生し,暖地では1年を通してみられる。本州以南の日本全土に普通に産するが,東北地方北部ではまれで,北海道南西部に採集記録がある。国外ではアジア中南部,ボルネオ島スラウェシ島スマトラ島ジャワ島ニューギニアオーストラリアなどに広く分布する。日本産は亜種 E. h. mandarinaという。近縁のツマグロキチョウ E. laetaは,本種に似るが小型で,前翅頂が角張り,外縁の黒色帯は内縁が鋸歯状である。本州以南に産し,朝鮮,中国,アジア南部,インド,台湾からオーストラリアにかけて広く分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

キチョウ

鱗翅(りんし)目シロチョウ科の1種。開張45mm内外,黄色で,夏型は外縁が黒く縁どられるが,秋型は黒縁がなく,前翅端だけ黒色。本州以西の暖地から熱帯アジア,オーストラリア,アフリカに広く分布。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キチョウ【grass yellow】

鱗翅目シロチョウ科の昆虫(イラスト)。やや南方系の種で,本州以南に多く,北海道では記録はあるがきわめてまれ。明るい丘陵地のほか,東京などの市街地でもよく目撃されるが,これは幼虫の食樹であるハギ,ネムなどが栽植されているためでもある。やや小型で,開張は4~4.5cm。雄の翅表面は鮮やかな黄色,雌は淡黄色であるが,裏面の模様や表面の黒色部は季節による変異が大きい。夏型はやや大きく,黒色部が発達しない。秋型の裏面は褐色鱗粉が多く,そばかす状の斑点もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キチョウ
きちょう / 黄蝶
common grass yellow
[学]Eurema hecabe

昆虫綱鱗翅(りんし)目シロチョウ科に属するチョウ。アフリカおよびアジアの熱帯から温帯にかけて分布が広く、日本でも関東地方以南の暖地にきわめて普通、それより北上するにつれて少なく、東北地方北部では年によって迷チョウが発見される程度となる。はねは黄色、表面の黒い縁どりは夏型ではよく発達して明瞭(めいりょう)であるが、秋型では発達が弱く、ときにほとんど消失する。成虫態で越冬し、多化性であるので早春より晩秋まで連続的にその姿がみられる。幼虫の食草はマメ科植物で、メドハギそのほかのハギ類、ネムノキ、サイカチ、アカシア類(植栽)を食べる。沖縄本島ではそのほかにクロウメモドキ科のヒメクマヤナギ、リュウキュウクロウメモドキも食草となる。[白水 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キチョウの関連キーワード大雪山(たいせつざん)スプリングエフェメラルセキヤノアキチョウジチョウセンシロチョウシロチョウ(白蝶)キイロウスバアゲハミヤマモンキチョウツマグロキチョウウスキシロチョウイシガケチョウホオズキガイセイキチョウフリゲート島アキチョウジトキワスズメアゲハチョウヤマキチョウモンキチョウチョウ(蝶)高山チョウ

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android