コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キブシ キブシ Stachyurus praecox

4件 の用語解説(キブシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キブシ
キブシ
Stachyurus praecox

キブシ科の落葉低木。山地に広くみられる。高さ2~3m。褐色の樹皮で,卵形で先がとがった,鋭い鋸歯のある葉が互生する。春に,若葉が伸びる前に枝に穂状花序が並んで垂れ下がる。雌雄異株。花は黄色の6弁で,4本のおしべがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

キブシ

日本全土の山地にはえるキブシ科の落葉低木。葉は卵形で先がとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)がある。3〜4月,新葉の出る前に前年枝の葉腋から長さ3〜10cmの花穂が垂れ,4弁の淡黄色花を密につける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

キブシ【Stachyurus praecox Sieb.et Zucc.】

早春の低山に,淡黄色の花穂を葉に先立って下垂するキブシ科の落葉低木(イラスト)。渡島(おしま)半島以南の日本全土の林縁や崩壊地に普通に見られ,中国にもまれに生育する。花穂は前年枝の落葉した葉腋(ようえき)から出て,早春,20個内外の小さな鐘形の花をつける。雌雄異株で,雌花は雄花よりやや小さく緑色を帯び,おしべはあるが小さい。雌木には,はじめ緑色で熟すと黄色を帯びる堅い球形の果実をつけ,中に非常に小さな種子を多数入れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キブシ
きぶし
[学]Stachyurus praecox Sieb. et Zucc.

キブシ科の落葉低木。高さ約3メートル。分枝が多く、樹皮は褐色。葉は互生し、卵状楕円(だえん)形で先がとがる。春、葉が出る前に総状花序を下垂し、多数の黄色花が連なってつく。雌雄異株。萼(がく)は4枚で黒褐色を帯び、花弁は4枚。雄花は大形で雄しべは8本、雌花は小形で雌しべは1本。果実は球形で、種子が多数ある。北海道から九州に分布する。果実はタンニンを含み、五倍子(ふし)の代用となり、花枝はいけ花に用いる。変種のナンバンキブシは葉の裏面が粉白色で大形。果実も大形。四国、九州の太平洋側と奄美(あまみ)大島、徳之島に分布する。[古澤潔夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キブシの関連キーワード油チャン花兄たむしば跋扈柳肥後草深山柳トウヤクリンドウトサミズキロウバイ(蠟梅)花穂紫蘇

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone