コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンケイ(金鶏) キンケイ

百科事典マイペディアの解説

キンケイ(金鶏)【キンケイ】

キジ科の鳥。翼長19cm。雄は尾が長く腹面が赤色。頭頂羽冠と腰が黄金色なのでこの名がある。は全身褐色で暗褐色斑紋散在。中国南西部の原産で標高900〜1300mの山地にすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キンケイ【キンケイ(金鶏) golden pheasant】

キジ目キジ科の鳥(イラスト)。飼鳥としてよく知られている。全長は雄約105cm,雌約66cm。野生のものは,中国南西部の海抜900~1300mの山地の森林に留鳥として生息する。地上で生活し,木の実や草の種子,小動物などを食べる。雄は頭部と下背から腰にかけての羽毛が黄金色で美しく,キンケイの名まえがついた。背は緑色,尾は褐色,腹面は光沢のある深紅色。尾は長く(約75cm),足にはけづめがある。雌の羽色はじみで,全体黄褐色の地に黒褐色斑がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キンケイ(金鶏)の関連キーワード和歌山・大日山35号墳アイサカンムリカイツブリキジバトケイマフリスナヤツメダイコクネズミブッポウソウヤツシロガイヤマセミ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android