コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンケイ Chrysolophus pictus; golden pheasant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キンケイ
Chrysolophus pictus; golden pheasant

キジ目キジ科。全長 90~105cmで,尾羽が 3分の2を占める。雄は頭上から背中にかかる長い黄金色の冠羽(→羽冠)があり,後頸から背にかけて橙色の地に黒いうろこ状斑のあるケープ状の飾り羽がある。背は緑色の地にやはり黒いうろこ状斑がある。腰は黄金色で長い羽毛がみの状に覆っている。喉から胸腹部,腿は赤く,と脚は黄色。尾は褐色で,黒い虫くい斑が密にある。雌は尾が雄より短く,背面が灰褐色腹面黄褐色で,全体に黒いうろこ模様がある。中国に固有で,スーチョワン(四川)省カンスー(甘粛)省など南部の内陸の山地に生息する。野生での行動などは観察が難しくよくわかっていない。その美しさから,日本にも早くから移入され飼育されている。羽色が黄色や黒みがかった品種もつくられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キンケイ
きんけい / 金鶏
golden pheasant
[学]Chrysolophus pictus

鳥綱キジ目キジ科の鳥。雄は全長1メートル、赤、緑、黄、青、金色などからなる非常に美しい羽色をしている。雌は全長65センチメートル、全体に褐色のじみな鳥。中国中央部の標高900~1300メートルの山地に生息している。詳しい生態はわかっていないが、低木林や竹林、森林などにすみ、地上を歩きながら、植物の種子や小動物をとって食べていると思われる。地上に皿形の簡単な巣をつくり、淡褐色の卵を7~10個ほど産む。世界各地で広く飼育されている。日本でも江戸時代から飼われている。寒さに強く、また、チャボや孵卵器(ふらんき)を使えば、孵化も容易である。[樋口広芳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キンケイの関連キーワード西洋フード・コンパスグループキンケイ(金鶏)ギンケイ(銀鶏)ハッカン(白鷴)オオハンゴンソウ松本 彦次郎カリブ文学ギンケイ金鶏草錦鳥甘粛

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キンケイの関連情報