コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンバト キンバト Chalcophaps indica; common emerald dove

2件 の用語解説(キンバトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キンバト
キンバト
Chalcophaps indica; common emerald dove

ハト目ハト科。全長 23~28cm。頭上は銀灰色,頭頸部と胸腹部はぶどう色を帯びた褐色,背と雨覆は光沢のある美しい緑色。腰,尾,風切は褐色で,腰にはよく目立つ灰白色の 2本の横帯がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キンバト
きんばと / 金鳩
emerald dove
[学]Chalcophas indica

鳥綱ハト目ハト科の鳥。インド東南アジア、台湾、オーストラリアの北部と東部、日本では八重山列島(やえやまれっとう)に分布している。全長約25センチメートル。頸(くび)から下面は紫褐色、初列風切(かざきり)、腰、尾は黒いが、背と翼は金属光沢のある緑色が美しい。嘴(くちばし)は赤く、雄の頭頂は灰青色、雌では褐色。森の地上で、木の実などを採食し、飛ぶときも地上低く、数は多いが目だたない。やぶの中、または低い木の枝に巣をかけ、2卵を産む。姿が美しいので、ペットにして飼われることがある。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のキンバトの言及

【ハト(鳩)】より

…羽毛が密で抜けやすいのは,猛禽(もうきん)類に襲われたときに,羽毛だけ残して,体はつかまらずに逃れるためだといわれている。羽色はさまざまで,熱帯地方のアオバト(イラスト)やキンバトのように色鮮やかなものから,カワラバトのように灰色のくすんだものまである。雄はふつう雌よりやや色がはでだが,北半球では雌雄同色のものも少なくない。…

※「キンバト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

キンバトの関連キーワード冠鳩白子鳩鳩派紅鳩我はと思う東ハトの日はとりハト(鳩)ハト科

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone