コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギガントピテクス Gigantopithecus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギガントピテクス
Gigantopithecus

中国およびインドで発見された中新世から更新世中期に属する巨大な化石霊長類の属名。ギガントピテクス・ブラッキ G.blacki という名は,ホンコンと広東で発見された大きな 4本の大臼歯と 1本の犬歯に基づいて,1935年につけられた。1956年には中国南部の広西で 3個の下顎骨と多数の歯が発見された。1969年にはインド北部でも下顎骨が発見され,ギガントピテクス・ビラスプレンシス G.bilaspurensis という種名が与えられた。ギガントピテクス属とほかの霊長類との関係ははっきりしていない。ヒト科の祖先と考えられたこともあったが,今日では絶滅した巨大な類人猿と考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ギガントピテクス

化石類人猿の一つ。1935年に古生物学者ケーニヒスワルトが香港の薬店で巨大な右下顎第3臼歯(きゅうし)を発見,ギガントピテクス・ブラッキと命名。人類説と類人猿説とが分かれ,ワイデンライヒがこの化石をもとに人類祖先巨人説を唱えたことは有名。
→関連項目竜骨(薬)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ギガントピテクス【Gigantopithecus】

化石類人猿の一つ。地質・古生物学者G.H.R.vonケーニヒスワルトは,1935年に香港の薬種問屋で巨大な右下顎第3大臼歯を発見,ギガントピテクス・ブラッキG.blackiと命名した。その後20年間に資料は追加されたが,すべて遊離した歯ばかりで,時代や出土地点は不明である。59,60年に広西チワン族自治区の洞窟で,3個のかなり完全な下顎骨と1000本以上の歯牙が発見され,68年にはインドのシワリク丘陵でも完全な雌の下顎骨が出土した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギガントピテクス
ぎがんとぴてくす
Gigantopithecus

中国南部で発見された巨大な歯および頭骨をもつ化石霊長類の一種。オランダの古生物学者ケーニヒスワルトは1935年、香港(ホンコン)の薬種(やくしゅ)屋で、竜骨(りゅうこつ)(化石)として売られていたもののなかから、容積にして現代人の10倍にもなる巨大な大臼歯(きゅうし)を発見、購入し、これに対して「巨大なサル」の意のギガントピテクスという属名をつけた。これに人類的な特徴をみいだした人類学の泰斗のワイデンライヒはジャワ島出土のメガントロプスとあわせ考え、人類祖先巨人説を提唱したが、その後、同属のものが、中国南西部およびインドより発見され、大型化石類人猿であることが判明し、この説は否定された。しかし、中期更新世(洪積世)のもので、ホモ・エレクトゥスと同時代であることから注目されている。[香原志勢]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のギガントピテクスの言及

【霊長類】より

…中新世から鮮新世にかけては高等霊長類の適応放散の時代で,コロンビアの中新世の地層からはホムンクルスHomunculusなど新世界ザルの化石資料が増え,ヨーロッパからアフリカにかけてはドリコピテクスDolichopithecus,メソピテクスMesopithecusなどのオナガザル科の化石が知られている。また,ヨーロッパではテナガザルの祖型と考えられているプリオピテクスPliopithecusが,イタリアからはオレオピテクスOreopithecusの完全な化石が発見されているし,プロコンスルProconsul,ドリオピテクスDryopithecus,ラマピテクスRamapithecus,ギガントピテクスGigantopithecusなどの現生類人猿やヒトに近縁な化石がアフロ・ユーラシア各地で発見されている。そして鮮新世後半のアウストラロピテクスAustralopithecus,さらに洪積世の原人ホモ・エレクトゥスHomo erectusへとつながっていくのである。…

【化石類人猿】より

…ちょうどこの頃,アフリカとユーラシアの両大陸間に陸橋が形成され,その陸橋を通って南ヨーロッパに入り,西へと広がったグループがあり,ドリオピテクス類の名でよばれている。一方,東へ広がったグループに,シバピテクス類やギガントピテクス類がある。 化石類人猿,とくにその初期の漸新世グループについては,他の化石霊長類と明確に区別できるほど形態特徴は分化しておらず,むしろ原始的特徴を保持する傾向がつよいグループと考えた方がよい。…

【霊長類】より

…中新世から鮮新世にかけては高等霊長類の適応放散の時代で,コロンビアの中新世の地層からはホムンクルスHomunculusなど新世界ザルの化石資料が増え,ヨーロッパからアフリカにかけてはドリコピテクスDolichopithecus,メソピテクスMesopithecusなどのオナガザル科の化石が知られている。また,ヨーロッパではテナガザルの祖型と考えられているプリオピテクスPliopithecusが,イタリアからはオレオピテクスOreopithecusの完全な化石が発見されているし,プロコンスルProconsul,ドリオピテクスDryopithecus,ラマピテクスRamapithecus,ギガントピテクスGigantopithecusなどの現生類人猿やヒトに近縁な化石がアフロ・ユーラシア各地で発見されている。そして鮮新世後半のアウストラロピテクスAustralopithecus,さらに洪積世の原人ホモ・エレクトゥスHomo erectusへとつながっていくのである。…

※「ギガントピテクス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ギガントピテクスの関連キーワードグスタフ・ハインリッチ・ラルフ・フォン ケーニヒスワルトメガントロプスシワリク遺跡シバピテクス化石類人猿ヒトニザル化石人類呉汝康

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android