コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クモ(蜘蛛) クモ

2件 の用語解説(クモ(蜘蛛)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

クモ(蜘蛛)【クモ】

節足動物クモ目の総称。体は頭胸部と腹部からなり,普通,体節を示さない。触角の代りに肢の変形した触肢をもつ。複眼はなく,普通,単眼が8個。歩脚は4対。大顎の先には毒腺が開口,呼吸器として気管のほかに特有の書肺をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クモ【クモ(蜘蛛) spider】

古来クモという動物は,いろいろの意味できらわれてきた。クモの姿が毛むくじゃらで,いかにもグロテスクに見え,また猛毒があると思われていたため,妖怪変化の動物とみなされ,戯曲や狂言に悪魔の化身として登場するようになった。またクモが虫を捕獲するしぐさが,残忍だということから陰惨な動物と思い込まれ,忌みきらわれるようになった。さらに古くからの言い伝えで,クモは人にかみつき,危害を与えると信じている者が,今日でもなお多くいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のクモ(蜘蛛)の言及

【毒腺】より

…ムカデなどの唇脚類では口器に毒爪(どくそう)poison clawがあり,内部に毒腺が開口している。そのほか,サソリ類では尾節に,クモ類では上顎に毒腺がある。【町田 武生】。…

※「クモ(蜘蛛)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone