コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラウディウス[1世] Claudius I,Tiberius Claudius Nero Germanicus

1件 の用語解説(クラウディウス[1世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クラウディウス[1世]【Claudius I,Tiberius Claudius Nero Germanicus】

前10‐後54
ローマ皇帝。在位41‐54年。ドルススアントニアの間に生まれ,若い頃は兄ゲルマニクスの陰に隠れて目だたなかった。病弱であったことから,公的活動の舞台に出てくることはほとんどなかったが,カリグラ帝の暗殺後,親衛隊に推されて帝位に就く。軍事・司法問題への関心や解放奴隷の重用のために元老院で不評であった。優れた行政手腕を見せたにもかかわらず学究肌で扱いにくい性格が元老院での不評に反映されている。また,ブリタニアマウレタニアトラキア等の征服によって属州地の拡大を実現した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のクラウディウス[1世]の言及

【アグリッピナ[小]】より

…アントニウスの孫アヘノバルブスと結婚し,ネロを生む。兄カリグラ帝の治世中一時追放されたが,彼が殺され叔父クラウディウスが即位すると,彼と結婚して権勢をふるい,54年ネロを帝位につけるため夫を毒殺したと言われる。その後も権力をふるおうとして息子と対立,59年ネロの命令を受けた解放奴隷により,ナポリ近郊で暗殺された。…

【イギリス】より

…ただ信仰の自由は,現在日本やアメリカの憲法が保障しているような積極的な権利ではなく,国教会の定める信仰以外の信仰を告白する自由でしかなく,そのため19世紀まで,国教忌避者の市民的諸権利は大幅に制限されてきた。 イギリスは後43年にクラウディウスによって征服され,ローマ帝国の版図に組み込まれるが,ケルト系の先住民はドルイド教を奉じていたと思われる。キリスト教はおそらくローマの軍人か商人によってイギリスにもたらされた。…

【メッサリナ】より

…ローマのクラウディウス世の3番目の妃。アウグストゥスの姉オクタウィアの曾孫女に当たり,15歳くらいで,彼女の母ドミティア・レピダの又従兄に当たる48歳のクラウディウスと結婚,クラウディウスが帝位についた41年には,娘オクタウィアに次いで,息子ブリタニクスを産んだ。…

【ローマ】より

…属州統治においてはとくに西部では旧来の都市同盟(コイノン)を属州会議(コンキリウム・プロウィンキアエconcilium provinciae)として利用し,皇帝礼拝を許可して帝国の統一を図った。 続く皇帝ティベリウス(在位,後14‐37),カリグラ(在位37‐41),クラウディウス1世(在位41‐54),ネロ(在位54‐68)は,アウグストゥスのユリウス家と,妻リウィアのクラウディウス家の枠内で帝位が移ったのでユリウス=クラウディウス朝と呼ばれる。ティベリウスは元老院との協調性において欠けるところがあり,親衛隊長セイアヌスの専断のゆえもあって,政治的密告と恐怖政治が続いた。…

※「クラウディウス[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クラウディウス[1世]の関連キーワードウェスパシアヌスジギスムントデキウストリールネロレオローマ法大全テオドシウスネルワアントニヌスピウス

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone