コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラウディウス クラウディウス Claudius Caecus, Appius

19件 の用語解説(クラウディウスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラウディウス
クラウディウス
Claudius Caecus, Appius

前4~3世紀のローマの政治家。アッピア街道の建設者。前 312年戸口総監 (ケンソル ) 。下層市民を元老院議員とし,無産市民,解放奴隷に土地を分配,みずからの選挙基盤とした。さらに水道の建設でも名声を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラウディウス
クラウディウス
Claudius Crassus, Appius

前5世紀頃のローマの政治家。パトリキ (貴族) の出であるが,プレプス (平民) と結び前 451年十人委員会 (デケムウィリ ) を指導して立法事業を行なった。のちプレプス弾圧に転じて反乱にあい失脚,自殺したとも暗殺されたともいわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラウディウス
クラウディウス
Claudius Etruscus

1世紀頃のローマの富豪。エトルリア人ウェスパシアヌス帝より騎士身分 (エクイテス ) に取立てられる。のちドミチアヌス帝に願って父チベリウスクラウディウスを追放から救った。詩人 P.スタチウス,M.マルチアリスの保護者でもあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラウディウス
クラウディウス
Claudius, Matthias

[生]1740.8.15. ラインフェルト
[没]1815.1.21. ハンブルク
ドイツの詩人。イェナ大学で学び秘書や新聞記者などを経て文筆生活に入る。レッシングヘルダーゲーテとも親交があった。『月は上りぬ』 Der Mond ist aufgegangen,『死と乙女』 Der Tod und das Mädchenなど素朴,敬虔,深い心情を特徴とする美しい民謡調の抒情詩が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラウディウス
クラウディウス
Claudius Pompeianus, Tiberius

前2世紀のローマの政治家。アンチオキア出身。 167年下パンノニア総督。マルクス・アウレリウス帝の腹心として従軍,コンモドゥス帝の時代に引退した。その後ペルチナクス,ディディウス・ユリアヌス両帝から政界復帰を求められたが断った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラウディウス
クラウディウス
Claudius Pulcher, Appius

[生]?
[没]前130
古代ローマの政治家。前 143年執政官 (コンスル) 。前 136年戸口総監 (ケンソル) 。筆頭元老院議員 (プリンケプス) として娘婿の T.グラックス (→グラックス兄弟 ) の改革を支持,農地分配の業務に協力した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラウディウス
クラウディウス
Claudius Pulcher, Gaius

[生]?
[没]前167
古代ローマの政治家,軍人。卜占官,法務官 (プラエトル) ,執政官 (コンスル) を歴任。騎士身分 (エクイテス) のギリシア人搾取を阻止しようとして反感を買った。マケドニア征討戦中に死没。伝統的,厳格な元老院派ローマ人の典型とされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラウディウス
クラウディウス
Claudius Pulcher, Publius

[生]?
[没]前246以前
古代ローマの軍人。前 249年執政官 (コンスル ) 。第1次ポエニ戦争中の前 249年,シチリアドレパヌムカルタゴ艦隊を攻め,大敗,123隻中,93隻を失いローマ艦隊に大打撃をもたらした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラウディウス
クラウディウス
Claudius Quadrigarius, Quintus

前2~1世紀のローマの歴史家。ガリア人のローマの劫略 (前 390頃) から彼の時代にいたるローマ史 23巻を著わす。文体は簡明,リウィウスに影響を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラウディウス
クラウディウス
Claudius, Quintus

前3世紀末頃のローマの政治家。前 218年護民官 (トリブヌス・プレビス) 。元老院議員およびその子が一定額以上の海上貿易にたずさわるのを制限する立法を成立させた。この措置により騎士身分 (エクイテス) の商業進出が促進されることになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラウディウス
クラウディウス
Claudius Sabinus Inregillensis, Appius

前6~5世紀のローマの貴族。クラウディウス家の祖。サビニ人で前 504年頃ローマに移住,一族でローマ市民となる。前 495年執政官 (コンスル) 。彼の負債に関する立法は,プレプス (平民) のローマ退去事件 (セケッシオ ) を起した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラウディウス
クラウディウス
Claudius, Tiberius (Julius)

[生]2頃. スミルナ
[没]92
古代ローマの解放奴隷。チベリウス帝に解放され,ドミチアヌス帝までの各皇帝に仕えた。ウェスパシアヌス帝により高官に取り立てられ,のちに騎士身分(エクイテス)とされ,ドミチアヌス帝に一時追放されたが,息子のとりなしで帰還。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラウディウス
クラウディウス
Claudius Pulcher, Appius

[生]?
[没]前76
古代ローマの政治家。 A.クラウディウスの子。 L.キンナと対立。一時追放されたが,前 79年執政官 (コンスル) 。マケドニア遠征中に没。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラウディウス
クラウディウス
Claudius Pulcher, Appius

[生]?
[没]前48
古代ローマの政治家。 A.クラウディウスの子。前 72~70年にかけてミトラダテス6世と戦う。前 57年法務官 (プラエトル) ,前 54年執政官 (コンスル) 。 M.キケロの追放解除に反対したが,反カエサル派のポンペイウス (大ポンペイウス) によってキケロと和解し,前 53~51年キリキア総督在任中,キケロと交遊した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クラウディウス

ドイツの詩人。生涯を農村で過ごし,敬虔(けいけん)な新教徒として一生を送った。シューベルトの作曲で知られる《死と乙女》《子守歌》をはじめとする抒情詩,短文にすぐれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

クラウディウス【Appius Claudius Caecus】

前4世紀の古代ローマの政治家。生没年不詳。ローマ史上,個性の明らかな最古の人物。パトリキ貴族の出であるが,公共事業に力を尽くし,一般民衆のために意を注いだ。前312年のケンソル,前307年と前296年のコンスル(執政官)。ケンソルとして,アッピア水道アッピア街道を建設し,宗教政治上の諸問題を解決し,土地を所有しない市民をトリブスにくりいれ,解放奴隷の子息で元老院を補充した。サムニウム人,エトルリア人と戦い,ピュロス戦争では雄弁と豪勇さを示した。

クラウディウス【Appius Claudius Crassus】

前5世紀のローマの政治家。生没年不詳。前471年コンスル,前451‐前450年立法のための十人委員decemvirに選出され,有力貴族として十二表法の制定に指導的役割を演じた。前450年の十人委員の半数を平民にも開放し,それと引きかえに護民官職の廃止をもくろんだと思われる。しかし十人委員は独裁に陥り,彼自身は平民女性ウェルギニアに横恋慕し,これを強奪しようとして死に至らしめて信望を失い,暗殺された(または自殺した)と伝えられる。

クラウディウス【Matthias Claudius】

1740‐1815
ドイツの抒情詩人,ジャーナリストリューベック近郊に牧師の子として生まれ,イェーナで神学と法学を修める。生涯の大半をハンブルク郊外の閑静の地ワンツベックで過ごした。1771‐75年,《ワンツベック新報》を発行。その文芸欄に〈アスムス〉のペンネームで寄稿した詩や評論を編集し,75年,同じ《アスムス》の表題で出版。好評を博したこの著作集は1812年まで継続した(全8部)。詩《夕べの歌》や《死と乙女》(シューベルトによる作曲)などは有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラウディウス
くらうでぃうす
Matthias Claudius
(1740―1815)

ドイツの詩人。リューベック近くのラインフェルトに牧師の息子として生まれる。生涯を文壇の片隅に甘んじた。彼の詩作は自然、民衆、自己の内なる声を深い感受性で歌う。詩集『月はのぼりぬ』『子守歌』がよく知られている。雑誌『ウァンツベック通信』を1771年から75年にかけて発行する。そのなかには、エンゲルベルト・ケンペルの『江戸参府紀行』からヒントを得たと思われるアスムスなる人物の『日本の皇帝にお会いした記録』という江戸初期の日本を扱ったユーモラスな小品が載っている。シューベルトによって歌曲に作曲された詩『死と乙女』などが有名である。[金森誠也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクラウディウスの言及

【ローマ[市]】より

… 一方,しだいに市壁や大下水溝も設けられ,地方商業の中心としての町の外形も整っていく。その間,貴族と平民の身分闘争,近隣の諸共同体に対する戦争により国家ローマの力も伸長していき,前390年ガリア人の侵攻で一時町が破壊されたが,アッピウス・クラウディウスによる水道(ローマ水道)と街道(アッピア街道)の建設は,都市ローマの民生の安定と経済的発展に資し,ラティウム地方の政治的・経済的中心としての地位も確立する。次いでイタリア半島の平定,対外戦争の勝利により国家ローマが地中海世界の覇者となるとともに,ローマの町の経済的繁栄もめざましく,政争が渦巻き,半島各地からの無産者の蝟集(いしゆう)するところとなる。…

※「クラウディウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クラウディウスの関連キーワードアニュトスウィトルウィウスコリオラヌスティマイオスグラックススキピオプリニウスブルートゥスディオニュシオス・ハリカルナッセウスピソ・フルギ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クラウディウスの関連情報