コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラレンドン法典 クラレンドンほうてん Clarendon Code

3件 の用語解説(クラレンドン法典の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラレンドン法典
クラレンドンほうてん
Clarendon Code

王政復古直後のイギリスで定められた4つの法の総称。長老派を中心とする非国教徒を抑圧し,国教体制を固める意図のもので,時の指導者クラレンドン (伯) にちなんでこの名で呼ばれるが,実際の推進者は騎士議会であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クラレンドン法典【クラレンドンほうてん】

英国,王政復古期に英国国教会制度(アングリカン・チャーチ)の確立をねらって制定された一連の非国教徒弾圧法の総称。1661年の自治体法,1662年の礼拝統一法1664年の集会法,1665年の5マイル法からなるが,いずれも非国教徒の公職就任と集会の禁止を規定した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

クラレンドンほうてん【クラレンドン法典 Clarendon Code】

イギリス王政復古期の非国教徒弾圧立法の総称。(1)自治体法(1661),(2)礼拝統一法(1662),(3)集会法(1664),(4)5マイル法(1665)の四つからなり,非国教徒の公職・聖職就任と集会の禁止を通じて国教会体制の強化を意図したが,逆に国教会と国王に対する反発と疑惑を強め,のちの名誉革命と寛容法制定の一因となった。本人は必ずしも賛成しなかったが,王政復古体制の中心人物クラレンドン伯の名をとって呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クラレンドン法典の関連キーワードウィッチャリー護国卿反革命ピープスブレダ宣言イギリス国教会イギリス巻カトリック解放法非国教徒復古王政

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone