コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリエンテス

百科事典マイペディアの解説

クリエンテス

ローマ最古期,貴族パトリキ)と平民(プレブス)の対立した時代の貴族の隷属民。保護者である貴族とは信義(フィデスfides)関係で結ばれ,保護者は公私両面で隷属民を保護する義務があり,隷属民は各種の奉仕義務をもった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クリエンテス【clientes】

王政期および共和政初期のローマでは,一種の身分的な存在を意味したが,のちに保護・隷属関係の下にあるもの一般を指すことになる語。クリエンテスはラテン語で〈被保護者〉を意味するクリエンスcliensの複数形で,保護・隷属関係をクリエンテラclientelaという。身分としてのクリエンテスは,人格的には自由であったが,パトリキ(貴族)のゲンス(氏族)に所属し,その祭儀にも加わったと推定される。パトリキをパトロンとして,その服属者となり,軍事的・経済的に奉仕の義務があった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリエンテス
くりえんてす
clientesラテン語

古代ローマの一身分。被保護者を意味するクリエンスcliensの複数形。社会的な強者と弱者との間に、相互の信頼に基づく保護関係が成り立つとき、保護者をパトローヌス(いわゆるパトロン)、被保護者をクリエンテスといい、また、この関係は、パトロンの側からはパトロキニウム関係、クリエンテスの側からはクリエンテーラ関係とよばれた。初期のローマでは、外来者・解放奴隷などの劣格者は、完全な権利能力をもつローマ国民であるパトリキ(貴族)のクリエンテスとなってその氏族に属し、訴訟代理その他の形で社会生活上の保護・支援を得、その代償としてパトロンへの表敬・奉仕の義務を負い、とくに物質的援助を行った。クリエンテスにも民会(選挙、立法などを行う)の投票権が与えられると、彼らはパトロンの政治活動を積極的に支持した。
 時とともにクリエンテスの概念は幅を広げ、法的に対等な者の間にも、社会的勢力の落差によってクリエンテーラ関係が生じ、有力政治家たちは法的な対等者・劣等者を含む膨大なクリエンテスを擁して互いに拮抗(きっこう)した。紀元前1世紀には、無産階級出身の兵士が事実上有力将軍のクリエンテスとなってその私兵を形成した。広く地中海世界においても、各地の住民とくに上層民は、ローマ有力者のクリエンテスとなって、軍事、政治、経済の各方面で彼らを助け、また逆にこの関係から自己の地位を安泰ならしめようとした。ローマの海外支配は、このような関係を軸として進められた。[吉村忠典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クリエンテスの関連キーワードユウェナリスノビリタスローマ史ケルト人従士制

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android