コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロジ Emberiza variabilis; grey bunting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロジ
Emberiza variabilis; grey bunting

スズメ目ホオジロ科。全長 16~17cm。雌雄異色。雄は頭部と腹部,肩,尾羽が暗灰色。背とは各羽の羽縁が淡褐色で中央が黒く,淡褐色地に黒い縦斑模様をつくっている。雌は頭央,眉斑,頬線,喉,腹部が淡い緑灰色。頭側,耳羽,背,翼などは淡い緑褐色で,背,肩,翼には黒い縦斑がある。雌の尾羽は茶色。雌雄とも両端の尾羽が白色ではなく,日本で繁殖するホオジロ属のなかでは特異である。カムチャツカ半島南部,サハリン島から北海道本州四国地方にかけて繁殖分布し,日本で越冬する。北海道以北では夏鳥(→渡り鳥)で,本州中部以北と四国では留鳥のほか,秋に渡ってきて越冬する冬鳥もいる。本州中部以南から南西諸島までは冬鳥である。ホオジロ属のなかでは森林にすむ性質が最も強く,おもに平地から山地のササ類や下層木のかなり茂る森林で繁殖する。冬季もやや暗い林の林床で生活し,草地や農耕地,アシ原などには見られない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

クロジ

ホオジロ科の鳥。雄は暗灰色で背に黒斑がある。雌はアオジに似て緑褐色。翼長8.5cm。カムチャツカ千島,北海道,中部以北の本州で繁殖,10月下旬〜11月にかけて本州中部以南に渡来し,低地の林に見られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロジ
くろじ / 黒鵐
grey bunting
[学]Emberiza variabilis

鳥綱スズメ目ホオジロ科の鳥。同科ホオジロ属38種中の1種。全長17センチメートル。雄は暗灰色、頭頂と背に黒褐色斑(はん)があり、雌は暗緑色でアオジに似る。個体により大小の変化が多く、小形のものはチャボクロジとよばれることもある。カムチャツカ半島南部、千島列島、日本列島にのみ分布する種で、日本では南千島、北海道、中部地方以北の亜高山帯で繁殖、冬季は本州中部以南琉球(りゅうきゅう)諸島までの積雪の少ない温暖地に漂行し、低木林にまれでないが、つねにやぶの中を潜行するので目にとまる機会は少ない。主として草本の種子、動物では昆虫類、クモ類などを食べる。[坂根 干]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クロジの関連キーワードバレンシアオレンジグレープフルーツウンシュウミカンビターオレンジ油キシュウミカンサンボウカンナツダイダイタンジェリン栴檀葉菩提樹ヒュウガナツ楝葉菩提樹リュウガンサンショウハッサクトチの実クネンボマンゴーオレンジポンカンキヌカワ

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android