コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロジ クロジ Emberiza variabilis; grey bunting

3件 の用語解説(クロジの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロジ
クロジ
Emberiza variabilis; grey bunting

スズメ目ホオジロ科。全長 17cm。雄は全身が暗灰色で背面に黒色の縦斑がある。雌は全体に褐色の地味な色をしている。雄雌とも外側尾羽に白色斑がなく,日本で繁殖するホオジロ属のなかでは特異である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クロジ

ホオジロ科の鳥。雄は暗灰色で背に黒斑がある。雌はアオジに似て緑褐色。翼長8.5cm。カムチャツカ,千島,北海道,中部以北の本州で繁殖,10月下旬〜11月にかけて本州中部以南に渡来し,低地の林に見られる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロジ
くろじ / 黒鵐
grey bunting
[学]Emberiza variabilis

鳥綱スズメ目ホオジロ科の鳥。同科ホオジロ属38種中の1種。全長17センチメートル。雄は暗灰色、頭頂と背に黒褐色(はん)があり、雌は暗緑色でアオジに似る。個体により大小の変化が多く、小形のものはチャボクロジとよばれることもある。カムチャツカ半島南部、千島列島、日本列島にのみ分布する種で、日本では南千島、北海道、中部地方以北の亜高山帯で繁殖、冬季は本州中部以南琉球(りゅうきゅう)諸島までの積雪の少ない温暖地に漂行し、低木林にまれでないが、つねにやぶの中を潜行するので目にとまる機会は少ない。主として草本の種子、動物では昆虫類、クモ類などを食べる。[坂根 干]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロジの関連キーワード家雀黒鵐島野路子頬赤頬白鴨深山頬白クロジ(黒鵐)ホオアカ(頰赤)ホオジロ(頰白)ホオジロガモ(頰白鴨)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クロジの関連情報