グルコサミン(英語表記)glucosamine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グルコサミン
glucosamine

化学式 C6H13NO5 。ヘクソサミンの一種で,代表的な天然のアミノ糖。動植物,微生物の多糖類,特に糖蛋白質や糖脂質の構成成分であり,エビやカニの殻であるキチン質の構成単位である。キチン質を塩酸とともに煮沸すると塩酸塩として得られる。遊離のグルコサミンの結晶には2型ある。α体は融点 88℃。β体は針状晶,分解点 110℃。これらは水,熱メタノールに易溶,エーテル,クロロホルムに不溶である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

グルコサミン

アミノ糖の一種。2−アミノ−2−デオキシ−D−グルコース。昆虫や甲殻類の体表をおおうキチンの加水分解生成物で,細菌,菌類の細胞壁,哺乳(ほにゅう)類の多糖類中にも見いだされる。類似物質のガラクトサミンを基本にした多糖類は軟骨などに見いだされる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

グルコサミン【glucosamine】

アミノ酸が結びついた天然のアミノ糖。甲殻類の外皮を形成するキチン質ムコ多糖に多く含まれる。軟骨を再生する役割をもつほか、関節痛・腰痛の緩和、痛風の症状改善、老化抑制作用などに効果があるとされる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グルコサミン
ぐるこさみん
glucosamine

アミノ糖の一種。ヘパリンヒアルロン酸などのグリコサミノグリカンに構成成分として含まれる。グリコサミノグリカンは関節や皮膚などの結合組織を柔軟に保持し、同時に保湿の役割を果たしている。またグルコサミンは糖タンパク質や糖脂質の糖鎖の構成成分でもあり、体内ではN-アセチルグルコサミンの形で存在している。自然界ではエビやカニをはじめ甲殻類の甲らなどのキチンの主要成分として多量に存在している。また貝の殻や動物の骨、一部の細菌の細胞壁などにも存在する。
 体内でのグリコサミノグリカンの合成は加齢に伴って徐々に減少し、結果として各所の関節痛や皮膚の老化などさまざまな加齢現象をもたらす。コンドロイチンが関節部分の軟骨に弾力性をもたせ、骨どうしの摩擦を防ぐ役割をもつのに対し、関節軟骨に含まれるグリコサミノグリカンの構成成分であるグルコサミンは、軟骨そのものを修復・再生する働きをもち、変形性関節症などによる関節痛などに有効であるとされ、グルコサミンを含んだサプリメントが多数販売されている。近年の研究では、変形性関節症への効果のみならず、関節炎や関節リウマチに対する抗炎症効果、血小板凝集を抑制することによる血栓予防効果など、細胞機能調節の役割も期待されている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グルコサミンの関連情報