ケープ・タウン(英語表記)Cape Town

翻訳|Cape Town

世界大百科事典 第2版の解説

ケープ・タウン【Cape Town】

南アフリカ共和国の立法上の首都であり,西ケープ州州都でもある港湾都市アフリカーンス語ではカープスタットKaapstadという。人口85万5000(1991),大都市域人口235万(1991)。アジア系のケープカラードが多い。大西洋インド洋境界をなす喜望峰の基部に位置し,テーブル山(標高1086m)のふもとにあってテーブル湾に面している。地中海気候に似た温帯の気候風土をもつ。1488年バルトロメウ・ディアスが最初のヨーロッパ人として来航して以来,テーブル湾はインドや東南アジア,東アジアに航行する船舶の重要な寄港地となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android