コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲイ・リュサック Joseph Louis Gay‐Lussac

世界大百科事典 第2版の解説

ゲイ・リュサック【Joseph Louis Gay‐Lussac】

1778‐1850
フランス物理学者,化学者。リムーザン地方の生れ。パリのエコール・ポリテクニク卒業後,土木工学校に入ったが,師のC.L.ベルトレの実験助手となった。1806年にアカデミー・デ・シアンスの物理部門の会員に選ばれ,のちパリ大学理学部物理学教授,エコール・ポリテクニク化学教授も兼ねた。1802年に,気体の温度と体積に関するゲイ・リュサックの法則(シャルルの法則とも呼ばれる)を発表し,気体の膨張係数を0.00375と決定した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ゲイ・リュサックの関連キーワードテーラー市川春琳パリのパンテオン市川団十郎道光帝序曲難波抱節ニーマン当用漢字道光帝