コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コシチューシコ コシチューシコ Kościuszko, Tadeusz

3件 の用語解説(コシチューシコの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コシチューシコ
コシチューシコ
Kościuszko, Tadeusz

[生]1746.2.4. ポーランド,メレチョフシュチズナ
[没]1817.10.15. スイスゾロトゥルン
ポーランドの軍人,政治家。フルネーム Tadeusz Andrzej Bonawentura Kościuszko。リトアニア(リトワ)系の中流シュラフタの出身。1769年パリに留学し,自由主義思想にふれ 1774年帰国。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コシチューシコ(Tadeusz Andrzej Bonawentura Kościuszko)

[1746~1817]ポーランドの軍人。アメリカ独立戦争に参加。帰国後、分割された祖国を嘆き、1794年、ロシアに対する武装蜂起を指導したが、敗れて捕らえられた。釈放後亡命し、スイスで死去。コシューシコ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コシチューシコ
こしちゅーしこ
Tadeusz Kociuszko
(1746―1817)

ポーランドの軍人。ワルシャワ士官学校を卒業。1776~83年にアメリカ独立戦争に参加し、ウェスト・ポイントの要塞(ようさい)工事で功績をあげた。帰国後、ポーランド軍の司令官に就任し、「五月三日憲法」(1791)の制定に反対して侵入したロシア軍と戦い、一時的に勝利を収めるが、第二次ポーランド分割後、国外に亡命した。94年3月クラクフで独立蜂起(ほうき)が起こると独裁官に就任し、農民兵を含む部隊を率いて、ラツワビツェでロシア軍を破った。同年5月、農民の協力を得るために、農奴制の廃止をうたった「ポワニェツ宣言」を発布した。しかし、ロシアとプロイセンとの連合軍に圧倒され、同年10月マチェヨビツェの戦いで負傷し、ロシア軍の捕虜となった。のち釈放され、97年にアメリカに渡り、翌年からパリに居住するが、ナポレオン1世のポーランド政策には反対した。晩年はスイスで余生を送った。[安部一郎]
『コシチューシコ著、中山昭吉訳『民族解放と国家再建によせて』(1972・未来社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コシチューシコの関連キーワード逆ポーランド記法ポーランド記法ポーランド回廊ポーランド統一労働者党ヤゲロー朝ニュージーランド海驢ローランド効果ポーランド室内管弦楽団オーランド[諸島]阪東宏

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone