コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コバルトリッチクラスト cobalt-rich crust

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コバルトリッチクラスト
cobalt-rich crust

マンガンクラストのうち,特にコバルトに富んだものをいう。コバルトリッチクラストは水深 800~2000mの比較的浅い海山の頂上から斜面の岩盤を数 mmから数 cmの厚さで広く被覆している。基本的には水深 4000~6000mの深海産マンガンノジュールと同じく,二酸化マンガン水酸化鉄を主体とする海水からの化学的沈殿物の一種である。コバルトの含有量がより多く,コバルト 0.9%,ニッケル 0.5%,マンガン 25%程度を含む。小笠原諸島南鳥島ハワイ諸島ミッドウェー島,ウェーク島沖に有望な鉱床の存在が報告されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コバルトリッチ‐クラスト(cobalt rich crust)

《crustは、固い外皮、地殻の意》深海底鉱物資源の一。海底の基盤岩を覆うアスファルト状の酸化物であり、厚さは数ミリから十数センチメートル。水深800~2400メートルの海山海台に分布。マンガンニッケルコバルトなどの有用金属を含有する。マンガンクラストの一種であり、コバルトの含有量が1パーセントを超えるものを指す。コバルトクラスト

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

知恵蔵miniの解説

コバルトリッチクラスト

深海底に存在する鉄・マンガン酸化物のうち、コバルトなどのレアメタル(希少金属)を豊富に含むもの。コバルトは、強固で腐蝕に強いコバルト合金や様々なコバルト化合物などとして用いられ、1970年代より原油・天然ガスに次ぐ「第三の深海底鉱物資源」として調査が開始された。近年では、主に水深800~2400メートルの古い基盤をもつ海山の山頂や斜面(特に北西太平洋)に広く分布していることがわかっている。2016年2月には、東京・南鳥島付近の水深5500メートル以上の海底にコバルトリッチクラストが広がっていることが確認された。3000メートル以上の深海で確認されたのは初めて。

(2016-2-12)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

コバルトリッチクラストの関連キーワード沖大東海嶺南方海域マンガン団塊海洋開発ROV

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コバルトリッチクラストの関連情報