コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロイド化学 コロイドカガク

4件 の用語解説(コロイド化学の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コロイド‐かがく〔‐クワガク〕【コロイド化学】

コロイド状態にある物質の物理的・化学的性質を研究する物理化学の一部門。膠質(こうしつ)化学。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

コロイドかがく【コロイド化学 colloid chemistry】

膠質(こうしつ)化学ともいう。光学顕微鏡では認められないが,通常の分子よりは大きい粒子(直径10-6~5×10-4mm程度)が分散してコロイド状態にある物質系の物理的・化学的性質を研究する化学の一部門。コロイド状態は無機物有機物,あるいは合成物,天然物を問わず非常に広い範囲で存在するので,コロイド化学の領域はしだいに拡大され,現在,化学の一部門というよりも,むしろ物理学,生物学,地質学,工学,医学,農学などの各分野にまたがる自然科学の一部門といった性格をもつようになり,コロイド科学と呼ばれることも多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

コロイドかがく【コロイド化学】

コロイド状態にある物質の物理的・化学的性質を研究する物理化学の一部門。高分子化学や界面化学と密接に関連する。膠質こうしつ化学。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コロイド化学
ころいどかがく
colloid chemistry

コロイド状態にある物質について、化学的・物理的性質を研究する化学の一分野。自然界に存在するもののなかにも、また身辺の日用必需品のなかにもコロイド状態にあるものは数多い。たとえば鉱物や宝石、食品、合成高分子などがそうである。したがって、物理学や医学、生物学、薬学、地質鉱物学、農学などとも深く関連をもっているが、物理化学のなかでの特定の一分野としての独立の性格をもっている。コロイドは古くは膠質(こうしつ)といったので、膠質学あるいは膠質化学とよばれたこともあった。イギリスのT・グレアムが創始したもので、生体物質や高分子などの領域における発展が目覚ましく、時代の脚光を浴びるようになった。コロイドの化学的な性質は、粒子の大きさのみならず、粒子の表面(界面)にも大きく影響を受けるので、界面化学とは密接な関係にある。[山崎 昶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コロイド化学の関連キーワード暗視野顕微鏡光学顕微鏡膠質偏光顕微鏡膠質化学生物顕微鏡赤外線顕微鏡走査型近接場光学顕微鏡光学顕微鏡検査法走査電子顕微鏡

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コロイド化学の関連情報