ゴロブニン(英語表記)Vasiliy Mikhaylovich Golovnin

百科事典マイペディアの解説

ゴロブニン

ゴローニンとも。ロシアの海軍士官。1807年世界周航に出発。1811年国後(くなしり)島上陸の際,江戸幕府の役人に捕らえられたが,1813年ロシア側が捕らえた高田屋嘉兵衛らと交換に釈放。この間,馬場佐十郎間宮林蔵らにロシア語などを教授。著書《日本幽囚記》(1816年刊)は各国語に訳され日本でもオランダ語訳本をもとに馬場佐十郎・高橋景保青地林宗らが《遭厄(そうやく)日本紀事》と題して翻訳。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゴロブニン【Vasilii Mikhailovich Golovnin】

1776‐1831
日本ではゴローニンの名で知られたロシアの海軍士官。晩年は中将にまで昇進し,主計総監としてロシア海軍力の増強に尽くした。1807年三檣船ディアナ号の艦長として極東に向かい,11年南千島海域を測量中,国後(くなしり)島で部下たちとともに日本側の捕虜となる。1806‐07年に一部のロシア軍人がサハリン(樺太),択捉(えとろふ)島などで日本の番所を襲撃する事件があり,幕府は蝦夷地の防備を固めていたのである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ゴロブニン

(Vasilij Mihajlovič Golovnin ワシリー=ミハイロビチ━) ロシアの海軍軍人。文化八年(一八一一)測量のため国後(くなしり)島に上陸。江戸幕吏に捕えられて幽囚生活を送り、同一〇年高田屋嘉兵衛と交換、釈放される。著書「日本幽囚記」。ゴローニン。(一七七六‐一八三一

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のゴロブニンの言及

【千島列島】より

…翌99年東蝦夷地とともに千島を幕府直轄領とし,1800年高田屋嘉兵衛に命じて択捉島に漁場を開かせるとともに,同島に郷村制を実施してアイヌの同化策を進めた。 同地は21年(文政4)再度松前藩領となったが,この間,1807年(文化4)フボストフNikolai KhvostovやダビドフGavriil I.Davydovらの択捉島攻撃,11年千島海域の測量に来たゴロブニンの捕縛と翌年のリコルドPyotr I.Rikordによる高田屋嘉兵衛の連行など,千島を介して日本と交易関係を結ぼうとするロシアとの間にしばしば紛争が生じた。55年2月7日(安政1年12月21日)の日露和親条約によって両国の国境は,択捉・ウルップ両島間の水道に定められ,樺太・千島交換条約により千島全島が日本領となった。…

【デルジャービン】より

…古典主義の荘重さと軽妙な風刺の要素を結合させた独特の華麗なスタイルが確立するのは,《メシチェルスキー公の死をいたみて》(1779)や上述の《フェリーツァによせて》,《神》(1784),《イズマイル占領によせて》(1791),《高官》(1794)などの頌詩においてである。上記の最後の三つの作品は文化年間(1804‐18)に海軍士官ゴロブニンによって日本に紹介され,馬場佐十郎によって部分的にではあるが漢詩風に翻訳された。1790年代以後は抒情的な作品が多くなり,《アナクレオン風歌謡集》(1804)に収められた作品には,古代ギリシアの詩人への深い傾倒がみられる。…

【日本研究】より

…同様の学校は53年にイルクーツクにも設けられた。19世紀前半には,日本との通商関係を求めた航海者I.F.クルーゼンシテルンの《ナジェジダ号とネバ号による世界周航の旅》(1809‐12),V.M.ゴロブニンの《日本幽囚記》(1816)などロシア側から見た日本研究書が現れた。さらに,日露和親条約(1855)の交渉のために日本を訪れた提督E.V.プチャーチンの秘書官を務めた作家I.A.ゴンチャロフの航海記《フリゲート艦パルラダ号》(1858)も重要文献としてヨーロッパ諸語に翻訳された。…

※「ゴロブニン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android