コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイ(犀) サイ

百科事典マイペディアの解説

サイ(犀)【サイ】

奇蹄(きてい)目サイ科の哺乳(ほにゅう)類の総称。体高1.8m,体重2.3tに達するシロサイ(アフリカの乾燥サバンナ),やや小さく肩高1.6mのインドサイ(イッカクサイとも,ネパール,北インドの草原),体高1.4m,体重800kgのスマトラサイ(東南アジアの山岳地の多雨林),他にジャワサイ,クロサイがある。第三紀後半に繁栄したが,現在はアフリカに2種,南〜東南アジアに3種生息するのみ。鼻の上に角質で,骨芯(こつしん)のない1〜2本の角がある。嗅覚や聴覚は鋭いが,視覚が鈍い。草食性。→犀角

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サイ【サイ(犀) rhinoceros】

奇蹄目サイ科Rhinocerotidaeに属する5種の大型草食哺乳類の総称。アジアに3種,アフリカに2種が生息する。イノシシに似るが,さらにがっしりとして筋肉質の独特の体型をもつ。胴は太くて長く,四肢は太く,短い。四肢とも3指をもち,それぞれにひづめがある。首は短く,頭部は長く,大きい。皮膚は厚く,アジア産の種では鎧(よろい)のようなひだが発達する。毛はほとんどない(スマトラサイでは長毛がまばらに生える)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のサイ(犀)の言及

【角】より

…中実角(ちゆうじつづの),洞角(ほらづの),枝角(えだづの)に大別できる。中実角はサイ類に見られる,中に空洞も骨質の芯もない角で,毛状の繊維(毛ではない)が固まってできていて,絶えず成長する。鼻骨ときに前頭骨の上面正中線にあたる部分に,雄雌とも1~2本生じ,一般に雄の角のほうが大きい。…

※「サイ(犀)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android