コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイダ サイダSaïda

5件 の用語解説(サイダの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サイダ
サイダ
Saïda

アルジェリア北西部の都市。同名県の県都。オラン南東約 110km,標高 840mに位置する。天然の要塞で,ローマ時代の築城以来の重要な軍事基地。 1844年,民族の英雄アブドゥル・カーディルが,侵攻してきたフランス軍を前にこの城を焼いたが,54年フランス軍が再建,鉄道の開通とともに重要な拠点となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

サイダ
サイダ
Sayda

ギリシア語ではシドン Sidōn。レバノン南西部,南部レバノン県の行政中心地で,地中海に面する港湾都市ベイルート南南西約 40kmに位置する。古代フェニキアの最も古い都市の一つで,前3千年紀に創設され,前 15~13世紀には地中海,エーゲ海貿易で繁栄。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

サイダ(Saida)

レバノン南西部、地中海に面する港湾都市。ベイルートの南約50キロメートルに位置する。サウジアラビアパイプラインで結ばれ、石油の積出し港として重要な役割を担っている。古代フェニキアの都市国家シドンがあった場所であり、紀元前13世紀から前12世紀にかけて、交易の拠点として栄えた。旧市街には十字軍の城塞やオスマン帝国時代の隊商宿などが残っている。2005年に暗殺された元大統領ラフィーク=ハリーリーの生地。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

サイダ【Saida】

レバノン南西部、地中海東岸に臨む港湾都市。サウジアラビアのダーランと連結するパイプ-ラインの終点で、石油の積み出し港。旧称、シドン。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サイダ
さいだ
Saida

レバノン、ベイルートの南南西約40キロメートル、地中海に面する港湾都市。旧称シドンSidon。人口14万9000(2003推計)。シドンの名は、紀元前三千年紀後半のバビロニアの史料にさかのぼり、ウガリト文書、アマルナ文書、『旧約聖書』にみえ、下って『新約聖書』には、イエスが同地を訪ねて説教したことや、使徒パウロがローマへ行く途中寄港したことと関連して言及されている。同地は古代のフェニキアの最古の都市の一つであった。ガラス、染色工芸などに優れ、前二千年紀後半には地中海、エーゲ海交易で繁栄し、しばしば姉妹都市ティルスと覇権を競った。ヘレニズム時代にはガラス工業の中心地の一つとして栄え、前1世紀ごろ同地で吹成法によるガラス器の製法が発明された。諸国に征服され服属しながらも、その交易の拠点としての重要性は十字軍時代まで続き、沿岸に城塞(じょうさい)も築かれた。17世紀以後はトルコの支配下にあって商業都市としての繁栄を取り戻した。地下墓室から発見されたアレクサンドロス大王の浮彫りのある石棺はとくに有名である。
 1963年以降の発掘調査によってフェニキア・ローマ時代の遺構・遺物が発見されている。1950年からサウジアラビアのダーラン油田とパイプラインで結ばれ、ヨーロッパへの石油の積出し港として重要な役割を果たしている。柑橘(かんきつ)類、バナナなどの農産物の集散地でもある。[高橋正男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サイダの関連情報