コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サシバ サシバ Butastur indicus; grey-faced buzzard

3件 の用語解説(サシバの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サシバ
サシバ
Butastur indicus; grey-faced buzzard

タカ目タカ科。全長 41~51cm。背面と胸は赤褐色。喉は白く,中央に 1本の褐色縦斑がある。下胸以下の下面は白地に赤褐色の横斑がある。尾は褐色で黒帯が 2~5本あり,これは幼鳥の方が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サシバ

タカ科の鳥。翼長33cm。背面と上胸部は赤褐色。腹面は赤褐色と白との縞(しま)模様。アジア東部に分布。本州,四国,九州の低山の林に夏鳥として渡来し,秋に大群をなして南方へ渡る。
→関連項目タカ(鷹)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サシバ
さしば / 差羽
gray-faced buzzard-eagle
[学]Butastur indicus

鳥綱タカ目タカ科の鳥。アジア北東部で繁殖し、冬は東南アジアに渡る。全長約50センチメートル、体の上面は赤褐色で頬(ほお)は灰色、白い眉斑(びはん)がある。体の下面は白地に褐色の横斑がある。日本には夏鳥として渡来し、本州、四国、九州の低山帯の山林で繁殖し、マツなどの高い木の枝の上に巣をつくる。沖縄諸島では越冬するものが少数ある。カエル、ヘビなどの小動物を食べ、ピックィーと鳴く。秋になると群れをつくって南方へ渡っていく。愛知県伊良湖岬(いらごみさき)、鹿児島県佐多岬、沖縄県宮古島は南下するサシバの大群がみられることで有名である。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サシバの関連キーワードタカ(鷹)ワシ(鷲)オオタカ(大鷹)クマタカ(熊鷹)タチヨタカ(立夜鷹)チュウヒ(沢鵟)ハイタカ(鷂)ハチクマ(蜂角鷹)ミサゴ(鶚)ヨタカ(夜鷹)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サシバの関連情報