サバンナ気候(読み)さばんなきこう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サバンナ気候
さばんなきこう

熱帯雨林気候と熱帯季節風気候の周辺にみられ、雨期(赤道低圧帯下)と乾期(中緯度高圧帯下)が明瞭(めいりょう)に区分される熱帯気候の一つ。熱帯草原気候ともいう。気温の年較差は8℃以下で小さく、雨期直前に最高気温となる。赤道無風帯および亜熱帯高気圧帯の影響もあり、年間通して風が弱い。赤道を挟む南北回帰線(南北とも緯度23度26分)の間に分布し、ブラジル高原(カンポが茂る)、オリノコ川流域(リャノ平原)、中央アメリカ西岸、オーストラリア北部、インドシナ半島、デカン高原(レグール土が分布)、コンゴ盆地などがおもなサバンナ地域として知られる。乾期は地面がからからになり、樹木は落葉し乾眠し、草は枯れるのに対し、雨期には植物もふたたび活動を開始する。

[福岡義隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

サバンナ気候【サバンナきこう】

サバンナに特徴的な気候サバナ気候とも。熱帯気候の一種。明瞭な乾季の存在が特徴。乾季には気温が高く蒸発が盛んなため樹木は乾眠して半落葉し,草原はきつね色に枯れる。東アフリカのサバンナの景観が典型的。綿花,サトウキビ,コーヒーの栽培に適する。→ケッペンの気候区分

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

サバンナ‐きこう【サバンナ気候】

〘名〙 熱帯に見られる雨季と乾季のはっきりした気候。ふつう熱帯雨林気候とステップ気候にはさまれている。丈の高い草原に低木がまじり、草食動物・猛獣などが多数生息する。アフリカのギニア湾岸の北に連なる地帯、ナイル河上流のスーダン地方、またブラジル台地、オーストラリア北部など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サバンナきこう【サバンナ気候 savanna climate】

熱帯気候の一つで,W.P.ケッペン式気候区分ではAw(wは冬に雨が少なく夏に多いことを意味する)で表す。熱帯原野気候ともいう。気温の年較差は8℃以下で小さく,年最高気温は雨季の直前にみられる。赤道をはさむ南北両回帰線の間の低圧部と中緯度高圧帯に位置し,一般に風は弱い。植生としては,疎林背丈の高い草原からなるサバンナが広く分布する。大半が発展途上地域であるが,日照が豊富で肥沃レグール(熱帯黒色土壌

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android