コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サバンナ気候 サバンナキコウ

百科事典マイペディアの解説

サバンナ気候【サバンナきこう】

サバンナに特徴的な気候。サバナ気候とも。熱帯気候の一種。明瞭な乾季の存在が特徴。乾季には気温が高く蒸発が盛んなため樹木は乾眠して半落葉し,草原はきつね色に枯れる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サバンナきこう【サバンナ気候 savanna climate】

熱帯気候の一つで,W.P.ケッペン式気候区分ではAw(wは冬に雨が少なく夏に多いことを意味する)で表す。熱帯原野気候ともいう。気温の年較差は8℃以下で小さく,年最高気温は雨季の直前にみられる。赤道をはさむ南北両回帰線の間の低圧部と中緯度高圧帯に位置し,一般に風は弱い。植生としては,疎林と背丈の高い草原からなるサバンナが広く分布する。大半が発展途上地域であるが,日照が豊富で肥沃なレグール(熱帯黒色土壌

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

サバンナきこう【サバンナ気候】

熱帯雨林気候の周辺に発達し、雨季と乾季とが交代する気候。気温の年較差は小さい。低木が点在し、熱帯草原が広がる。ブラジル高原・デカン高原・インドシナ半島・スーダン・オーストラリア北部などに分布する。サバナ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サバンナ気候
さばんなきこう

熱帯雨林気候と熱帯季節風気候の周辺にみられ、雨期(赤道低圧帯下)と乾期(中緯度高圧帯下)が明瞭(めいりょう)に区分される熱帯気候の一つ。熱帯草原気候ともいう。気温の年較差は8℃以下で小さく、雨期直前に最高気温となる。赤道無風帯および亜熱帯高気圧帯の影響もあり、年間通して風が弱い。赤道を挟む南北回帰線(南北とも緯度23度26分)の間に分布し、ブラジル高原(カンポが茂る)、オリノコ川流域(リャノ平原)、中央アメリカ西岸、オーストラリア北部、インドシナ半島、デカン高原(レグール土が分布)、コンゴ盆地などがおもなサバンナ地域として知られる。乾期は地面がからからになり、樹木は落葉し乾眠し、草は枯れるのに対し、雨期には植物もふたたび活動を開始する。[福岡義隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サバンナ気候の関連キーワードトゥンヤイ=ファイカケン自然保護区ダーウィン(オーストラリア)ノーザン・テリトリーセレンゲティ国立公園ケッペンの気候区分スーダン(地域名)中央アフリカ共和国サバンナ(植生帯)ブルキナ・ファソマルワ(インド)マハラシュトラ州インドシナ半島パルナイーバ川ブラジル高原熱帯雨林気候中央アメリカ小スンダ列島温暖夏雨気候スラウェシ島熱帯草原気候

サバンナ気候の関連情報