コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サリチル酸 サリチルさん salicylic acid

8件 の用語解説(サリチル酸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サリチル酸
サリチルさん
salicylic acid

C7H6O3 。天然にはエステルとして植物精油 (冬緑油や白樺皮油など) 中に存在し,フェノール炭酸ガスから工業的につくられる。無色針状結晶。融点 159℃。水に溶けて酸性を示す。サリチル酸誘導体にはアセチルサリチル酸 (アスピリン) や,サリチル酸メチルのように解熱剤,鎮痛剤になるものがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

サリチル酸

酸性の有機化合物で、アスピリンなど解熱、鎮痛作用の医薬品や防腐剤などに利用されている。ショックや肝障害、白血球の減少といった副作用の恐れがある。中毒症状としては、呼吸障害や嘔吐(おうと)が起きる。多量に摂取すると混迷、昏睡(こんすい)を引き起こし、中毒死亡例の報告もある。成人で20グラム以上飲むと危険とされる。例えば市販のアスピリンなら、数十錠飲むと致死的な量になる。効果はアルコール類で相乗される。

(2006-05-18 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サリチル‐さん【サリチル酸】

salicylic acidカルボン酸の一。無色針状の結晶。染料、医薬品の製造原料、酒類などの防腐剤とする。化学式C6H4(OH)COOH

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サリチル酸【サリチルさん】

オルトヒドロキシ安息香酸の別名。無色の結晶。融点159℃,沸点211℃(20mmHg)。水に可溶,エチルアルコールエーテルに易溶。塩化第二鉄塩水溶液で紫色を呈する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

サリチル酸

 C7H6O3 (mw138.12).

 保存料として使われたことがある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

サリチルさん【サリチル酸 salicylic acid】

芳香族有機酸の一つ。o‐ヒドロキシ安息香酸にあたる。天然にはエステルの形で,ウィンターグリーン油(冬緑油)やシラカバ皮油など植物精油中に存在する。無色の針状結晶で,融点159℃,沸点211℃(20mmHg)。減圧下で昇華する。急熱するとフェノールと二酸化炭素とに分解する。エチルアルコール,エーテルなどに易溶,水,ベンゼンに可溶。塩化鉄(III)で紫色を呈する。1861年にA.W.H.コルベが初めて合成に成功したもので,工業的には,ナトリウムフェノキシドを加熱融解し,加圧下に二酸化炭素を反応させるコルベ=シュミット反応により製造する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

サリチルさん【サリチル酸】

昇華性のある無色針状結晶の有機物質。化学式 C6H4(OH)COOH 医薬・防腐剤に用いるほか、各種アゾ染料の中間原料となる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サリチル酸
さりちるさん
salicylic acid

化学式はC6H4(OH)COOHで、o(オルト)-ヒドロキシ安息香酸の別名。

 加熱・加圧下でナトリウムフェノキシドと二酸化炭素を反応させて製造する。この反応をコルベ‐シュミットKolbe-Schmitt反応という。分子量138.1、融点159℃。無色の固体で昇華性をもつ。カルボン酸の一種で酸性(解離定数K1=1.55×10-3)を示し、フェノールのヒドロキシ基をもつので塩化鉄()溶液により紫色を呈する。医薬品のほか香料や染料の合成原料として用いる。[廣田 穰]

薬用

殺菌剤、角質軟化剤として用いる。解熱鎮痛消炎作用をもつが、内服や注射にはサリチル酸ナトリウムが用いられ、サリチル酸そのものは消化器障害が著しいため内服には用いられず、外用のみである。うおのめ、いぼとりに用いられるサリチル酸絆創膏(ばんそうこう)には50%含有され、白癬(はくせん)(水虫)や乾癬など皮膚糸状菌症には2~10%の軟膏や塗布液が用いられる。また脱毛症や腋臭(えきしゅう)症(わきが)、汗疹(かんしん)(あせも)などの治療剤にも配合されている。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サリチル酸の関連キーワードヒドロキシル基ヒドロキシ酸ヒドロキシアルデヒドシトクロムP-450ヒドロキシラーゼヒドロキシ安息香酸pヒドロキシ安息香酸β-ヒドロキシ酪酸o-ヒドロキシ安息香酸p-メトキシ安息香酸メトキシ安息香酸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サリチル酸の関連情報