サルデーニャ[島](読み)サルデーニャ

百科事典マイペディアの解説

サルデーニャ[島]【サルデーニャ】

イタリア半島西方約300kmにある地中海第2の大島でイタリア共和国の一州。台地性の島で,最高点はマルモラ山(1829m),南西部にはカンピダーノ平野がある。小麦,ブドウ,オリーブ,コルク,木材,鉛,亜鉛などを産し,牧羊がさかん。1950年代以降,政府の南部開発政策によって農業の近代化,工業化がはかられたが,内陸部からの人口流出が続いている。1960年代半ばから観光開発が進展。州都で主要港のカリアリから全島の主要地点に鉄道が通じる。石造建築でヌラーゲと呼ばれる先史時代の遺跡(1997年世界文化遺産に登録)があり。フェニキア,ローマ,イスラム,ジェノア,ピサ,アラゴン王家の侵入・支配を経て1720年サルデーニャ王国が成立。1861年イタリアに統一される。総面積2万4090km2。163万9362人(2011)。
→関連項目イタリア

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android